アセテート維持液3G「HK」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
アセテート維持液3G「HK」
後発

アセテート維持液3G「HK」の基本情報

アセテート維持液3G「HK」の概要

商品名 アセテート維持液3G「HK」
一般名 酢酸維持液(ブドウ糖加)
薬価・規格 163.0円 (200mL1袋)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 光製薬
ブランド アセテート維持液3G「HK」 他
YJコード 3319562A1057
レセプト電算コード 621753501
添付文書PDFファイル

アセテート維持液3G「HK」の主な効果と作用

  • 体内に必要な水分、ミネラルやエネルギーを補給します。
  • 各種ミネラルや糖質(ブドウ糖)を含むお薬です。

アセテート維持液3G「HK」の用途

  • エネルギー補給
  • 経口摂取不能又は不十分の水分・電解質の補給・維持

アセテート維持液3G「HK」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

脳浮腫、肺水腫、末梢浮腫、水中毒、高カリウム血症

アセテート維持液3G「HK」の用法・用量

  • 1回500~1000mLを、小児には、1回200~500mLを点滴静注する
  • 投与速度は、成人・小児ともにブドウ糖として1時間あたり0.5g/kg体重以下とする
    • なお、年齢、症状、体重などに応じて適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

アセテート維持液3G「HK」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • アジソン病
    • 高カリウム血症
    • 甲状腺機能低下症
    • 高窒素血症
    • 高マグネシウム血症
    • 高リン血症
    • 重症熱傷
    • 低カルシウム血症
    • 副甲状腺機能低下症
    • 乏尿
    • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少
    • 高カリウム血症を伴わない腎不全
    • 心不全
    • 糖尿病

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

アセテート維持液3G「HK」と主成分が同じ薬

  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 195.0円 (500mL1瓶)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 共和クリティケア
    後発
  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 195.0円 (500mL1袋)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 共和クリティケア
    後発
  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 195.0円 (500mL1袋)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 扶桑薬品
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る

アセテート維持液3G「HK」に関係する解説

低張電解質輸液(水・電解質輸液製剤)

  • アセテート維持液3G「HK」は、低張電解質輸液(水・電解質輸液製剤)に分類される。
  • 低張電解質輸液(水・電解質輸液製剤)とは、水と電解質(イオン)を主成分とし、体液より電解質濃度が低く細胞内液を含む体全体に水分を補給でき、水分や電解質を含む輸液剤を点滴により補給することで体液のバランスを整え病態の治療効果を高められる輸液剤。

低張電解質輸液(水・電解質輸液製剤)の代表的な商品名

  • ソリタ-T輸液、YDソリタ-T輸液
  • ソルデム
  • KN1〜4号輸液、KNMG3号輸液
  • フィジオ35輸液、フィジオ70輸液
  • トリフリード
低張電解質輸液(水・電解質輸液製剤)についての詳しい解説を見る