アミニック輸液 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
アミニック輸液

アミニック輸液の基本情報

アミニック輸液の概要

商品名 アミニック輸液
一般名 高カロリー輸液用総合アミノ酸製剤(3)注射液
薬価・規格 381.0円 (200mL1袋)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 エイワイファーマ
YJコード 3253407A3032
レセプト電算コード 620007177
添付文書PDFファイル

アミニック輸液の主な効果と作用

  • 低タンパク血症、低栄養状態および手術前後においてアミノ酸を補給します。
  • タンパク質(アミノ酸)を含むお薬です。

アミニック輸液の用途

  • 手術前後のアミノ酸補給
  • 低栄養状態のアミノ酸補給
  • 低蛋白血症のアミノ酸補給

アミニック輸液の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

悪心、過敏症、発疹、動悸、悪寒、熱感、頭痛、アシドーシス、嘔吐、肝機能障害、血管痛

上記以外の副作用

胸部不快感、腎機能障害

アミニック輸液の用法・用量

  • 1.末梢静脈投与時:1回200~400mLを緩徐に点滴静注する
  • 投与速度は、アミノ酸の量として60分間に10g前後が体内利用に望ましく、200mLあたり約120分を基準とし、小児、老人、重篤な患者には更に緩徐に注入する
    • なお、年齢、症状、体重により適宜増減する
  • 生体のアミノ酸利用効率上、糖類輸液剤と同時投与することが望ましい
  • 2.中心静脈投与時:1日400~800mLを高カロリー輸液法により中心静脈内に持続点滴注入する
    • なお、年齢、症状、体重により適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

アミニック輸液の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • アミノ酸代謝異常
    • 肝性昏睡
    • 高窒素血症<透析又は血液濾過実施中を除く>
    • 重篤な腎障害<透析又は血液濾過実施中を除く>
    • 高度アシドーシス
    • 低ナトリウム血症
    • うっ血性心不全
    • 透析又は血液濾過実施中の高窒素血症
    • 透析又は血液濾過実施中の重篤な腎障害

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

アミニック輸液と主成分が同じ薬

  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 381.0円 (200mL1袋)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 エイワイファーマ
主成分が同じ薬をすべて見る