処方薬
ビーコバM注500μg
後発

ビーコバM注500μgの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

  1. ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血。

  2. 末梢性神経障害。

(効能・効果に関連する使用上の注意)

本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきでない。

用法・用量

  1. 巨赤芽球性貧血の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する。約2カ月投与した後、維持療法として1~3カ月に1回メコバラミンとして500μgを投与する。

  2. 末梢性神経障害の場合:1日1回メコバラミンとして500μgを週3回、筋肉内又は静脈内に注射する。なお、年齢及び症状により適宜増減する。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 重大な副作用

    アナフィラキシー様反応(頻度不明):血圧降下、呼吸困難等のアナフィラキシー様反応を起こすことがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。

  2. その他の副作用(頻度不明)

    1. 過敏症:発疹[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    2. その他:注射部位の疼痛・硬結、頭痛、発汗、発熱感。

使用上の注意

(適用上の注意)

  1. 使用時:光分解を受けやすいので、使用直前に遮光容器より取り出し、直ちに使用する。

  2. 筋肉内注射時:筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、次記の点に注意する。

    1. 筋肉内注射時同一部位への反復注射は行わない。特に低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児には注意する。
    2. 筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
    3. 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
  3. アンプルカット時:本剤はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭しカットすることが望ましい。

(取扱い上の注意)

安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温9~34℃、3年間)の結果、外観及び含有量等は規格の範囲内であり、ビーコバM注500μgは通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

(保管上の注意)

遮光。