氷酢酸「NikP」 - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
氷酢酸「NikP」

氷酢酸「NikP」の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

洗浄液、収れん液の調剤に用いる。また、緩衝・矯味の目的で調剤に用いる。

用法・用量

洗浄液、収れん液の調剤に用いる。また、緩衝・矯味の目的で調剤に用いる。

副作用

使用上の注意

(適用上の注意)

  1. そのままの液を内服しない。

  2. 眼に入らないよう注意する(万一眼に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い流し、直ちに眼科専門医の処置を受ける)。

  3. 刺激作用があるので皮膚に付着した場合には、すぐに多量の水又はぬるま湯で洗い流す。

  4. 誤って摂取した場合、口激痛、咽喉激痛、腹部激痛を与え粘膜潰瘍を生じ、嘔吐、吐血、下痢を起こし、呼吸異常及び体温異常、虚脱等の症状とともに、蛋白尿、尿毒症を併発する。誤って摂取した場合の激痛にはモルヒネ注射を行い、牛乳、卵白、水酸化マグネシウム又は水酸化カルシウムを与える(炭酸塩、炭酸水素塩の投与は避け、胃洗浄は行ってはならない)。慢性中毒症状としては顔面蒼白、悪液質、歯腐食、気管支炎、胃障害等が起こり、製造現場において常時蒸気に接すると結膜炎、眼瞼炎を伴う。

(保管上の注意)

気密容器。

火気厳禁。