アスタットクリーム1% - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
アスタットクリーム1%
先発

アスタットクリーム1%の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

次記の皮膚真菌症の治療。

  1. 白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬。

  2. カンジダ症:カンジダ症の間擦疹、カンジダ症の指間糜爛症、カンジダ症の爪囲炎。

  3. 癜風。

用法・用量

1日1回患部に塗布する。

副作用

承認前の調査1,688例中報告された副作用は1.4%(23例)で、主な副作用は、クリームでは接触性皮膚炎0.4%(4例)の他、乾燥、小水疱、発赤、糜爛等であった。外用液では刺激感1.3%(6例)、接触性皮膚炎0.4%(2例)の他、発赤、そう痒、角化の悪化等であった。軟膏では接触性皮膚炎1.2%(3例)、刺激感であった。なお、本剤に起因すると思われる臨床検査値の異常変動は認められなかった。承認後における使用成績調査1(1994年9月~1997年10月)3,062例中報告された副作用は1.3%(40例)で、主な副作用は、皮膚炎・接触性皮膚炎0.8%(25件)、発赤0.1%(4件)等であった。

その他の副作用:次記のような症状が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。

皮膚:(0.1~5%未満)皮膚炎(接触性皮膚炎等)、発赤、(0.1%未満)皮膚小水疱、皮膚刺激感、皮膚そう痒感、皮膚亀裂、皮膚乾燥、皮膚腫脹。

使用上の注意

(禁忌)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[使用経験が少ない]。

(適用上の注意)

投与部位:

  1. 著しい糜爛面には使用しない。

  2. 眼科用として角膜・結膜には使用しない。

(保管上の注意)

遮光、気密容器。