処方薬
ニゾラールクリーム2%
先発

ニゾラールクリーム2%の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

次記の皮膚真菌症の治療。

  1. 白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬。

  2. 皮膚カンジダ症:皮膚カンジダ症の指間糜爛症、皮膚カンジダ症の間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)。

  3. 癜風。

  4. 脂漏性皮膚炎。

用法・用量

白癬、皮膚カンジダ症、癜風に対しては、1日1回患部に塗布する。

脂漏性皮膚炎に対しては、1日2回患部に塗布する。

副作用

総症例6,346例中、副作用は224例(3.53%)に計300件が認められた。その主なものは接触皮膚炎97件(1.5%)、そう痒55件(0.9%)、投与部位発赤43件(0.7%)、投与部位刺激感30件(0.5%)等であった(再審査終了時)。

  1. 皮膚:(0.1~5%未満)接触皮膚炎、皮膚そう痒、発赤、皮膚刺激感、紅斑、皮膚糜爛、皮膚剥脱、(0.1%未満)皮膚水疱、皮膚亀裂、皮膚疼痛、皮膚灼熱感、発疹、皮膚べとつき感、(頻度不明)蕁麻疹。

  2. 全身障害及び投与局所様態:(0.1%未満)適用部位反応(乾燥、浮腫)、(頻度不明)適用部位反応(出血、不快感、炎症、錯感覚)。

  3. 免疫系障害:(頻度不明)過敏症。

使用上の注意

(禁忌)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

妊婦、授乳婦及び妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない、また、ニゾラールクリーム(2%ケトコナゾールクリーム)は、皮膚からはほとんど吸収されないが、経口投与における動物実験で催奇形作用が報告されている]。

(小児等への投与)

低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

(適用上の注意)

投与時:

  1. 眼科用として角膜・結膜に使用しない。

  2. 著しい糜爛面には使用しない。

  3. 誤って経口摂取した場合は、適切な処置を行う。

(取扱い上の注意)

小児の手の届かない所に保管する。