アンモニア水「昭和」◯M - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
アンモニア水「昭和」◯M

アンモニア水「昭和」◯Mの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

  1. 外用:虫さされ。

  2. 経口:アンモニア・ウイキョウ精の調剤原料に用いる。

用法・用量

  1. 外用:虫さされには、2~10倍に希釈し、塗布する。

  2. 経口:アンモニア・ウイキョウ精の調剤原料に用いる。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 過敏症:(頻度不明)過敏症状[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

  2. 適用部位:(頻度不明)局所刺激、発赤、灼熱感等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

使用上の注意

(重要な基本的注意)

  1. 必ず希釈し、濃度に注意して使用する。

  2. 眼に入らないように注意する(入った場合には結膜・角膜に炎症を起こすことがあるので、水洗い後、直ちに専門医の処置を受ける)。

  3. 原液又は濃厚液の蒸気を吸入すると、呼吸器等の粘膜を刺激し、喉頭痙攣、肺障害・気管支障害を起こすことがあるので注意する。

(適用上の注意)

  1. 投与経路:眼又は眼の周囲に使用しない。

  2. 使用時:刺激作用を有するので、長期間又は同一部位に反復使用しない(特に、湿布等による長期間にわたる皮膚との接触を避ける)。

(保管上の注意)

気密容器、30℃以下。