スルファジアジンパスタ5%「三恵」 - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
スルファジアジンパスタ5%「三恵」
後発

スルファジアジンパスタ5%「三恵」の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、糜爛・潰瘍の二次感染。

用法・用量

症状により適量を1日1~数回直接患部に塗布又は無菌ガーゼにのばして貼付する。

(用法・用量に関連する使用上の注意)

本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 過敏症:(頻度不明)発疹、発赤、腫脹、光線過敏症等[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

  2. 菌交代現象:(頻度不明)スルファジアジン耐性菌又は非感受性菌による化膿性感染症[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。

  3. その他:(頻度不明)内服、注射等全身投与の場合と同様な副作用が現れることがあるので、長期投与は避ける。

使用上の注意

(禁忌)

サルファ剤に対し過敏症の既往歴のある患者。

(慎重投与)

  1. 薬物過敏症の既往歴のある患者[過敏症が増悪することがある]。

  2. 光線過敏症の既往歴のある患者[光線過敏症が現れることがある]。

  3. エリテマトーデスの患者[症状が悪化することがある]。

(重要な基本的注意)

感作される恐れがあるので、観察を十分に行い、感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には、使用を中止する。

(適用上の注意)

投与方法:眼科用として使用しない。

(保管上の注意)

遮光した気密容器。