オキシドール - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
オキシドール

オキシドールの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

  1. 創傷・潰瘍の殺菌・消毒。

  2. 外耳・中耳の炎症、粘膜の炎症(鼻炎、咽喉頭炎、扁桃炎など)。

  3. 口腔粘膜の消毒、う窩及び根管の清掃・消毒、歯の清浄。

  4. 口内炎の洗口。

用法・用量

  1. 創傷・潰瘍の殺菌・消毒:原液のまま、若しくは2~3倍に希釈して塗布・洗浄する。

  2. 外耳・中耳の炎症、粘膜の炎症(鼻炎、咽喉頭炎、扁桃炎など):原液のまま塗布、滴下又は2~10倍(耳科の場合、ときにグリセリン、アルコールで希釈)に希釈して洗浄、噴霧、含嗽に用いる。

  3. 口腔粘膜の消毒、う窩及び根管の清掃・消毒、歯の清浄:原液又は2倍希釈して洗浄・拭掃する。

  4. 口内炎の洗口:10倍希釈液を用いる。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 重大な副作用

    空気塞栓:空気塞栓を起こすことがあるので、循環動態異常を認めた場合など空気塞栓が疑われる症状がみられた場合は、速やかに本剤の使用を中止し、適切な処置を行う。

  2. その他の副作用(頻度不明)

    口腔:口腔粘膜刺激(連用による)。

使用上の注意

(禁忌)

瘻孔、挫創等本剤を使用した際に体腔にしみ込む恐れのある部位。

(重要な基本的注意)

長期間又は広範囲に使用しない。

(適用上の注意)

  1. 投与経路:外用にのみ使用し、内服しない。

  2. 使用時

    1. 眼に入らないように注意する(眼に入った場合には水でよく洗い流す)。
    2. 易刺激性の部位に使用する場合には、正常の部位に使用する場合よりも低濃度とすることが望ましい。
    3. 深い創傷に使用する場合の希釈液としては注射用水か滅菌精製水を用い、水道水や精製水を用いない。

(その他の注意)

長期大量経口投与によりマウスの十二指腸腫瘍の発生が認められたとの報告がある。

(保管上の注意)

  1. 遮光して、30℃以下。

  2. 気密容器。