次亜塩6%「ヨシダ」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
次亜塩6%「ヨシダ」
後発

次亜塩6%「ヨシダ」の基本情報

次亜塩6%「ヨシダ」の概要

商品名 次亜塩6%「ヨシダ」
一般名 次亜塩素酸ナトリウム液
薬価・規格 3.8円 (6%10g)
薬の形状
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液のアイコン
製造会社 吉田製薬
ブランド 次亜塩6%「ヨシダ」 他
YJコード 2611700Q1038
レセプト電算コード 660433029
添付文書PDFファイル

次亜塩6%「ヨシダ」の主な効果と作用

  • 殺菌消毒剤です。

次亜塩6%「ヨシダ」の用途

  • 患者用プール水の消毒
  • 病室の消毒
  • 物品の消毒
  • 手術部位の粘膜の消毒
  • 手術部位の皮膚の消毒
  • HBウイルスの消毒
  • 皮膚の消毒
  • 家具の消毒
  • 器具の消毒
  • 手指の消毒
  • 手術室の消毒
  • 手術野の粘膜の消毒
  • 手術野の皮膚の消毒
  • 排泄物の消毒
  • 医療機器の消毒

次亜塩6%「ヨシダ」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、発疹

次亜塩6%「ヨシダ」の用法・用量

  • 1.手指・皮膚の消毒:有効塩素濃度100~500ppm(0.01~0.05%)溶液に浸すか、清拭する(本剤希釈倍数:120~600倍)
  • 2.手術部位(手術野)の皮膚の消毒、手術部位(手術野)の粘膜の消毒:有効塩素濃度50~100ppm(0.005~0.01%)溶液で洗浄する(本剤希釈倍数:600~1200倍)
  • 3.医療機器の消毒:有効塩素濃度200~500ppm(0.02~0.05%)溶液に1分間以上浸漬するか、又は温溶液を用いて清拭する(本剤希釈倍数:120~300倍)
  • 4.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒:有効塩素濃度200~500ppm(0.02~0.05%)溶液を用いて清拭する(本剤希釈倍数:120~300倍)
  • 5.排泄物の消毒:有効塩素濃度1000~10000ppm(0.1~1%)溶液を用いる(本剤希釈倍数:6~60倍)
  • 6.HBウイルスの消毒:1).血液その他の検体物質に汚染された器具の場合は、有効塩素濃度10000ppm(1%)溶液を用いる(本剤希釈倍数:6倍)
  • 2).汚染がはっきりしないものの場合は、有効塩素濃度1000~5000ppm(0.1~0.5%)溶液を用いる(本剤希釈倍数:12~60倍)
  • 7.患者用プール水の消毒:残留塩素量が1ppmになるように用いる
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

次亜塩6%「ヨシダ」と主成分が同じ薬

  • 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液のアイコン
    薬価 5.9円 (10%10g)
    薬の形状 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液
    製造会社 サンケミファ
    後発
  • 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液のアイコン
    薬価 5.2円 (1%10g)
    薬の形状 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液
    製造会社 ヤクハン製薬
    後発
  • 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液のアイコン
    薬価 3.9円 (6%10g)
    薬の形状 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液
    製造会社 シオエ製薬
  • 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液のアイコン
    薬価 3.8円 (6%10g)
    薬の形状 外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液
    製造会社 吉田製薬
    後発
主成分が同じ薬をすべて見る