処方薬
ルテジオン配合錠

ルテジオン配合錠の基本情報

ルテジオン配合錠の概要

商品名 ルテジオン配合錠
一般名 クロルマジノン酢酸エステル・メストラノール錠
薬価・規格 27.8円 (1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 あすか製薬
YJコード 2482007F1032
レセプト電算コード 620541401
識別コード TZ119
添付文書PDFファイル

ルテジオン配合錠の主な効果と作用

  • 月経周期の変更(短縮および延長)をするお薬です。
  • 排卵、月経を起こす卵胞ホルモンと、妊娠の維持のための体づくりをする黄体ホルモンの混合剤です。
  • 女性(黄体・卵胞)ホルモン剤です。不足している女性ホルモンを補充し、ホルモンバランスを整える働きがあります。
  • 月経異常、月経困難症、子宮の不正出血不妊症などを治療するお薬です。また、月経周期の変更にも用います。

ルテジオン配合錠の用途

ルテジオン配合錠の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

頭痛、乳房緊満感、悪心、嘔吐、倦怠感、視力障害、過敏症、発疹、肝機能異常、黄疸、網膜血流障害

起こる可能性のある重大な副作用

血栓症、四肢血栓症、肺血栓症、心血栓症、脳血栓症、網膜血栓症、下肢の急激な疼痛、下肢の急激な腫脹、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、四肢脱力、四肢麻痺、構語障害、急性視力障害

上記以外の副作用

不正出血、子宮破綻出血、子宮点状出血、経血量変化、帯下増加、乳房痛、ナトリウム貯留、体液貯留、浮腫、体重増加、下痢、食欲不振、腹痛、眠気

ルテジオン配合錠の用法・用量

  • 1.機能性子宮出血、無月経:1日1~2錠を7~10日間連続投与する
  • 2.月経量異常(過少月経、過多月経)、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経困難症:1日1錠を月経周期第5日より約3週間連続投与する
  • 3.月経周期の変更:1).短縮:1日1~2錠を月経周期第5日より5日間連続投与する
  • 2).延長:1日1錠を予定月経の3日前から延長希望日まで連続投与する
  • 4.卵巣機能不全による不妊症:1日1錠を月経周期第5日より約3週間連続投与し、次の周期に妊娠成立を期す
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ルテジオン配合錠の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 血栓性静脈炎
    • 子宮内膜癌
    • 脂質代謝異常
    • 重篤な肝障害
    • 乳癌
    • 肺塞栓症
    • エストロゲン依存性悪性腫瘍
    • 肝障害
    • 子宮筋腫
    • 心疾患
    • 腎疾患
    • 乳房レントゲン像に異常
    • 乳房結節
    • てんかん
    • 糖尿病
    • 乳腺症
    • ポルフィリン症
    • 乳癌家族素因が強い
    • 骨成長が終了していない
    • 骨成長が終了していない可能性
    • 手術が必要

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用が禁止されています。
    • 新生女児(0日〜27日)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 40歳以上(40歳〜)
    • 骨成長が終了していない可能性

ルテジオン配合錠の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
バルビツール酸誘導体 本剤の作用が減弱
フェノバルビタール 本剤の作用が減弱
ヒダントイン系抗てんかん剤 本剤の作用が減弱
フェニトイン 本剤の作用が減弱
リファンピシン類 本剤の作用が減弱
血糖降下剤 作用が減弱
インスリン製剤 作用が減弱
スルホニルウレア系薬剤 作用が減弱
ビグアナイド系製剤 作用が減弱

ルテジオン配合錠と主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 27.8円 (1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 あすか製薬
主成分が同じ薬をすべて見る