ヒマシ油FM - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ヒマシ油FM

ヒマシ油FMの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

便秘症、食中毒における腸管内容物の排除、消化管検査時又は手術前後における腸管内容物の排除。

用法・用量

ヒマシ油として、15~30mL(増量限度60mL)、小児は5~15mL、乳幼児は1~5mLを、それぞれそのまま又は水、牛乳などに浮かべて頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 消化器:(頻度不明)悪心・嘔吐・腹痛等。

  2. 過敏症:(頻度不明)過敏症状[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。

使用上の注意

(禁忌)

  1. 急性腹症が疑われる患者[蠕動運動亢進作用により腹痛等の症状を増悪する恐れがある]。

  2. 痙攣性便秘の患者[蠕動運動亢進作用により腹痛等の症状を増悪する恐れがある]。

  3. 重症硬結便のある患者[下剤の経口投与では十分な効果が得られず、腹痛等の症状を増悪する恐れがある]。

  4. ヘノポジ油、メンマ等の脂溶性駆虫剤投与中の患者[これらの薬剤の吸収を促進して中毒を起こす恐れがある]。

  5. リン、ナフタリンなどの脂溶性物質による中毒時[これらの中毒物質の吸収を促進する恐れがある]。

(重要な基本的注意)

小腸の消化吸収を妨げ全身の栄養状態に影響を及ぼすことがあるので連用を避ける。

(高齢者への投与)

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 子宮収縮を誘発して流早産の危険性があるので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。

  2. ヒト母乳中に移行し乳児の下痢を起こすことがあるので、授乳中の婦人には投与しないことが望ましい。

(その他)

即効性であるので就寝前の服用を避けさせる。

(保管上の注意)

気密容器。