炭酸マグネシウム「ニッコー」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
炭酸マグネシウム「ニッコー」

炭酸マグネシウム「ニッコー」の基本情報

炭酸マグネシウム「ニッコー」の概要

商品名 炭酸マグネシウム「ニッコー」
一般名 炭酸マグネシウム
薬価・規格 11.9円 (10g)
薬の形状
内用薬 > 散剤 > 末
内用薬 > 散剤 > 末のアイコン
製造会社 日興製薬
YJコード 2344006X1169
レセプト電算コード 612340119
添付文書PDFファイル

炭酸マグネシウム「ニッコー」の主な効果と作用

  • 胃酸を中和し、胃粘膜を保護します。また、便をやわらかくするお薬です。
  • 胃酸を中和して胃粘膜を保護する働きがあります。
  • 腸内に水分を引き寄せ、便をやわらかくする働きがあります。

炭酸マグネシウム「ニッコー」の用途

  • 胃炎の症状の改善
  • 胃炎の制酸作用
  • 胃潰瘍の症状の改善
  • 胃潰瘍の制酸作用
  • 胃下垂症の症状の改善
  • 胃下垂症の制酸作用
  • 胃酸過多症の症状の改善
  • 胃酸過多症の制酸作用
  • 急性胃炎の症状の改善
  • 急性胃炎の制酸作用
  • 十二指腸潰瘍の症状の改善
  • 十二指腸潰瘍の制酸作用
  • 上部消化管機能異常の症状の改善
  • 上部消化管機能異常の制酸作用
  • 神経性食思不振の症状の改善
  • 神経性食思不振の制酸作用
  • 便秘症
  • 慢性胃炎の症状の改善
  • 慢性胃炎の制酸作用
  • 薬剤性胃炎の症状の改善
  • 薬剤性胃炎の制酸作用

炭酸マグネシウム「ニッコー」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

代謝異常、高マグネシウム血症、下痢

炭酸マグネシウム「ニッコー」の用法・用量

  • 1.胃・十二指腸潰瘍、胃炎(急・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)、上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)における制酸作用と症状の改善:炭酸マグネシウムとして、1日2gを数回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 2.便秘症:炭酸マグネシウムとして、1日3~8gを頓用又は数回に分割経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

炭酸マグネシウム「ニッコー」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

炭酸マグネシウム「ニッコー」の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ミノサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ドキシサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
テトラサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 当該薬剤の効果が減弱
ノルフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
シプロフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
トスフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱
エチドロン酸二ナトリウム<経口> 当該薬剤の効果が減弱
セフジニル<経口> 当該薬剤の効果が減弱
カルシウム経口剤 milk-alkali syndrome、高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス

飲食物との組み合わせ注意

  • 大量の牛乳
  • カルシウムを含むもの<干しえび、バジル、煮干し、牛乳、乳製品 など>

炭酸マグネシウム「ニッコー」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る