処方薬
オリザチーム顆粒
後発

オリザチーム顆粒の基本情報

オリザチーム顆粒の概要

商品名 オリザチーム顆粒
一般名 β-ガラクトシダーゼ(アスペルギルス)顆粒
薬価・規格 30.7円 (50%1g)
薬の形状
内用薬 > 散剤 > 顆粒
内用薬 > 散剤 > 顆粒のアイコン
製造会社 ヤクルト本社
YJコード 2339003D1029
レセプト電算コード 612330086
識別コード YA9150.5g
添付文書PDFファイル

オリザチーム顆粒の主な効果と作用

  • 乳糖の消化不良による下痢症状を改善するお薬です。
  • 乳糖を分解する働きがあります。

オリザチーム顆粒の用途

  • 一次性乳糖不耐症
  • 感冒性下痢症
  • 急性消化不良症
  • 単一症候性下痢症
  • 二次性乳糖不耐症
  • 白色便性下痢症
  • 慢性下痢症
  • 新生児下痢
  • 乳糖不耐の下痢の改善
  • 未熟児下痢
  • 乳児の乳糖不耐の消化不良の改善

オリザチーム顆粒の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、発疹、便秘

起こる可能性のある重大な副作用

ショック症状、四肢冷感、顔面蒼白、チアノーゼ、下痢、腹部膨満、嘔吐

オリザチーム顆粒の用法・用量

  • 1.乳児の乳糖不耐により生ずる消化不良の改善には、1回量0.25~0.5gを哺乳時、同時に経口投与する
  • 2.経管栄養食、経口流動食など摂取時の乳糖不耐により生ずる下痢などの改善には、摂取乳糖量10gに対して1gを食餌とともに投与する
    • なお、症状により増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

オリザチーム顆粒の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 乳児(0日〜364日)
  • 以下にあてはまる方は、
    • 乳児(0日〜364日)

オリザチーム顆粒と主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 散剤 > 顆粒のアイコン
    薬価 30.7円 (50%1g)
    薬の形状 内用薬 > 散剤 > 顆粒
    製造会社 ヤクルト本社
    後発
主成分が同じ薬をすべて見る

オリザチーム顆粒に関係する解説

乳糖分解酵素剤

  • オリザチーム顆粒は、乳糖分解酵素剤に分類される。
  • 乳糖分解酵素剤とは、消化管内で乳糖をブドウ糖とガラクトースに分解して乳糖不耐症などの消化器症状を改善する薬。

乳糖分解酵素剤の代表的な商品名

  • ミルラクト
  • ガランターゼ
  • オリザチーム
乳糖分解酵素剤についての詳しい解説を見る