メサフィリン配合散 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
メサフィリン配合散

メサフィリン配合散の基本情報

メサフィリン配合散の概要

商品名 メサフィリン配合散
一般名 プロパンテリン臭化物・クロロフィル配合剤散
薬価・規格 6.3円 (1g)
薬の形状
内用薬 > 散剤 > 散
内用薬 > 散剤 > 散のアイコン
製造会社 サンノーバ
ブランド メサフィリン配合散 他
YJコード 2329100B1026
レセプト電算コード 620454101
識別コード Methaphyllin
添付文書PDFファイル

メサフィリン配合散の主な効果と作用

  • 胃潰瘍十二指腸潰瘍、胃炎を治療するお薬です。
  • 胃酸の分泌をおさえる働きや胃粘膜の傷ついた部分を修復する働き、また、痛みやけいれんをおさえる働きがあります。

メサフィリン配合散の用途

  • 胃炎の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 胃潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善
  • 十二指腸潰瘍の自覚症状及び他覚所見の改善

メサフィリン配合散の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

眩暈、口渇、便秘、下痢、腹部膨満感、腹部不快感、心悸亢進、排尿障害、眠気、胸やけ、過敏症

上記以外の副作用

発疹、腎結石、尿路結石、代謝異常、高マグネシウム血症、倦怠感、顔面紅潮、熱感、嗄声、視調節障害、頭痛、頭重、不眠

メサフィリン配合散の用法・用量

  • 1回1gを1日3~4回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

メサフィリン配合散の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 重篤な心疾患
    • 前立腺肥大による排尿障害
    • 閉塞隅角緑内障
    • 麻痺性イレウス
    • 開放隅角緑内障
    • 潰瘍性大腸炎
    • 下痢
    • 甲状腺機能亢進症
    • 重篤な腎機能障害
    • 前立腺肥大
    • 不整脈
    • うっ血性心不全

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 高齢者(65歳〜)

メサフィリン配合散の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
三環系抗うつ剤 抗コリン作用に基づく副作用を増強
フェノチアジン系薬剤 抗コリン作用に基づく副作用を増強
抗コリン作用を有する薬剤 抗コリン作用に基づく副作用を増強
抗ヒスタミン剤 抗コリン作用に基づく副作用を増強
モノアミン酸化酵素阻害剤 抗コリン作用に基づく副作用を増強
テトラサイクリン系抗生物質<経口> 血中濃度が低下し効果を減弱
ニューキノロン系抗菌剤<経口> 血中濃度が低下し効果を減弱
セフジニル<経口> 血中濃度が低下し効果を減弱
エチドロン酸二ナトリウム<経口> 血中濃度が低下し効果を減弱
経口薬剤 作用が減弱
ジゴキシン<服用> 作用が減弱

メサフィリン配合散と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る