処方薬
ガスター注射液10mg
先発

ガスター注射液10mgの基本情報

ガスター注射液10mgの概要

商品名 ガスター注射液10mg
一般名 ファモチジン注射液
薬価・規格 130.0円 (10mg1mL1管)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 LTLファーマ
ブランド ガスター散10% 他
YJコード 2325401A1020
レセプト電算コード 620002922
添付文書PDFファイル

ガスター注射液10mgの主な効果と作用

  • 胃酸や胃液に含まれる消化酵素の分泌をおさえる働きや、出血をおさえる働きがあります。
  • 潰瘍や胃炎などによる消化管の出血を治療するお薬です。
  • 胃酸をおさえて麻酔時の誤嚥性肺炎などを防ぐ働きがあります。
  • 麻酔前に用いるお薬です。

ガスター注射液10mgの用途

  • 麻酔前投薬
  • Zollinger-Ellison症候群
  • 急性ストレス潰瘍の上部消化管出血
  • 侵襲ストレスの上部消化管出血の抑制
  • 多臓器不全の上部消化管出血の抑制
  • 大手術の上部消化管出血の抑制
  • 広範囲熱傷の上部消化管出血の抑制
  • 出血性胃炎の上部消化管出血
  • 消化性潰瘍の上部消化管出血
  • 頭部外傷の上部消化管出血の抑制
  • 脳血管障害の上部消化管出血の抑制

ガスター注射液10mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

白血球減少、便秘、Al-P上昇、痙攣、徐脈、頻脈、房室ブロック、肝機能異常、可逆性の錯乱状態、うつ状態、過敏症

起こる可能性のある重大な副作用

呼吸困難、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、全身倦怠感、脱力、皮下出血、粘膜下出血、発熱、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、横紋筋融解症、高カリウム血症、ミオグロビン尿、著明な血清逸脱酵素上昇、筋肉痛、QT延長、心室頻拍、Torsades de Pointes、心室細動、意識障害、全身痙攣、痙直性痙攣、間代性痙攣、ミオクローヌス性痙攣、間質性腎炎、急性腎障害、皮疹、腎機能検査値異常、BUN上昇、クレアチニン上昇、間質性肺炎、咳嗽、胸部X線異常、不全収縮、ショック、アナフィラキシー、全身潮紅、血管浮腫、顔面浮腫、咽頭浮腫、蕁麻疹、血小板減少

上記以外の副作用

発疹、紅斑、好酸球増多、下痢、軟便、口渇、悪心、嘔吐、腹部膨満感、食欲不振、口内炎、血圧上昇、顔面潮紅、耳鳴、総ビリルビン上昇、LDH上昇、無気力感、頭痛、眠気、不眠、月経不順、女性化乳房

ガスター注射液10mgの用法・用量

  • 〈上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、Zollinger-Ellison症候群、侵襲ストレス(手術後に集中管理を必要とする大手術、集中治療を必要とする脳血管障害・頭部外傷・多臓器不全・広範囲熱傷)による上部消化管出血の抑制〉通常、成人にはファモチジンとして1回20mgを日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液にて20mLに希釈し、1日2回(12時間毎)緩徐に静脈内投与する
  • 又は輸液に混合して点滴静注する
  • 又は、ファモチジンとして1回20mgを1日2回(12時間毎)筋肉内投与する
    • なお、年齢・症状により適宜増減する
  • 上部消化管出血及びZollinger-Ellison症候群では、一般的に1週間以内に効果の発現をみるが、内服可能となった後は経口投与に切りかえる
  • 侵襲ストレス(手術後に集中管理を必要とする大手術、集中治療を必要とする脳血管障害・頭部外傷・多臓器不全・広範囲熱傷)による上部消化管出血の抑制では、術後集中管理又は集中治療を必要とする期間(手術侵襲ストレスは3日間程度、その他の侵襲ストレスは7日間程度)の投与とする
  • 〈麻酔前投薬〉通常、成人にはファモチジンとして1回20mgを麻酔導入1時間前に筋肉内投与する
  • 又は、日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液にて20mLに希釈し、麻酔導入1時間前に緩徐に静脈内投与する
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 腎機能低下患者への投与法ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄されるが、腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする〔9.2腎機能障害患者の項参照〕[1)1回20mg1日2回投与を基準とする場合、Ccr≧60mL/min:1回20mg1日2回、2)1回20mg1日2回投与を基準とする場合、60mL/min>Ccr>30mL/min:1回20mg1日1回又は1回10mg1日2回、3)1回20mg1日2回投与を基準とする場合、30mL/min≧Ccr:1回10mg2日に1回又は1回5mg1日1回、4)1回20mg1日2回投与を基準とする場合、透析患者:1回10mg透析後1回又は1回5mg1日1回]
  • Ccr:クレアチニンクリアランス
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ガスター注射液10mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 小児等(0歳〜14歳)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

ガスター注射液10mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
アゾール系抗真菌薬<経口> 血中濃度が低下
イトラコナゾール<経口> 血中濃度が低下

ガスター注射液10mgと主成分が同じ薬

  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 196.0円 (20mg2mL1管)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 LTLファーマ
    先発
  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 130.0円 (10mg1mL1管)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 LTLファーマ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る

ガスター注射液10mgに関係する解説

H2受容体拮抗薬

  • ガスター注射液10mgは、H2受容体拮抗薬に分類される。
  • H2受容体拮抗薬とは、胃内において胃酸分泌を抑え、胃潰瘍などを治療し逆流性食道炎に伴う痛みや胸やけなどを和らげる薬。

H2受容体拮抗薬の代表的な商品名

  • アルタット
  • ガスター
  • タガメット
  • プロテカジン
  • アシノン
H2受容体拮抗薬についての詳しい解説を見る

ファモチジン|ガスター(処方薬)、ガスター10(市販薬)など

  • ガスター注射液10mgは、ファモチジン|ガスター(処方薬)、ガスター10(市販薬)などに分類される。
  • ファモチジン|ガスター(処方薬)、ガスター10(市販薬)などとは、胃酸分泌に関わるH2受容体に拮抗的に作用することで、この受容体の活性化を抑え、過度な胃酸分泌を抑えるH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)の一つ。

ファモチジン|ガスター(処方薬)、ガスター10(市販薬)などの代表的な商品名

  • ガスター(処方薬、市販薬)
  • ハリー胃腸薬(市販薬)
  • ファモガスOD錠10(市販薬)
ファモチジン|ガスター(処方薬)、ガスター10(市販薬)などについての詳しい解説を見る