レルベア200エリプタ30吸入用の基本情報

レルベア200エリプタ30吸入用の概要

商品名 レルベア200エリプタ30吸入用
一般名 ビランテロールトリフェニル酢酸塩・フルチカゾンフランカルボン酸エステル吸入剤
薬価・規格 6692.6円 (30吸入1キット)
薬の形状 外用薬 > 経口剤 > 吸入剤
製造会社 GSK
ブランド レルベア100エリプタ14吸入用 他
YJコード 2290803G4027
レセプト電算コード 622375601

レルベア200エリプタ30吸入用の主な効果と作用

  • 狭くなっている気管支呼吸をする際の空気の通り道の一つ。口から吸い込んだ空気は、気管と気管支を通り、肺へ至るの内部をひろげるとともに、炎症体の免疫が防御反応を起こしている状態。原因は、感染、けが、免疫の異常(アレルギーなど)と様々。免疫が強く反応することで、熱、腫れ、痛みなどが出るアレルギー免疫反応によって、体が過剰な防御反応を起こして悪影響が生じてしまう状態をおさえる働きがあります。
  • 喘息発作比較的急激に、症状が一定時間あらわれること。その後の時間経過や適切な治療によって、症状が無くなりやすいものを指すことが多いの程度、頻度を軽減するお薬です。

レルベア200エリプタ30吸入用の用途

レルベア200エリプタ30吸入用の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

発声障害、口腔咽頭カンジダ症、発疹、血管浮腫、インフルエンザ、気管支炎、上気道感染、頭痛、振戦、不安、期外収縮

起こる可能性のある重大な副作用

肺炎、アナフィラキシー反応、咽頭浮腫、気管支痙攣

上記以外の副作用

動悸、頻脈、口腔咽頭痛、鼻咽頭炎、咽頭炎、副鼻腔炎、咳嗽、腹痛、関節痛、背部痛、筋痙縮、骨折、過敏症、蕁麻疹、鼻炎、発熱

レルベア200エリプタ30吸入用の用法・用量

  • レルベア100エリプタ1吸入(ビランテロールとして25μg及びフルチカゾンフランカルボン酸エステルとして100μg)を1日1回吸入投与する
    • なお、症状に応じてレルベア200エリプタ1吸入(ビランテロールとして25μg及びフルチカゾンフランカルボン酸エステルとして200μg)を1日1回吸入投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

レルベア200エリプタ30吸入用の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

レルベア200エリプタ30吸入用の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状
リトナビル 副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状
ケトコナゾール 副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状
エリスロマイシン 副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様の症状
ケトコナゾール<経口剤> 血中のビランテロール及びフルチカゾンフランカルボン酸エステルの曝露量増加
β-遮断剤 本剤の作用が減弱
QTを延長する薬剤 QT間隔が延長され心室性不整脈等のリスクが増大
抗不整脈剤 QT間隔が延長され心室性不整脈等のリスクが増大
三環系抗うつ剤 QT間隔が延長され心室性不整脈等のリスクが増大

レルベア200エリプタ30吸入用と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

レルベア200エリプタ30吸入用に関係する解説

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)

  • レルベア200エリプタ30吸入用は、ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)に分類される。
  • ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)とは、気管支やの炎症により気道が狭くなっている喘息やCOPDに対して、気道の炎症を抑え気道を拡張することで、咳や息苦しさなどを改善する薬。

ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)の代表的な商品名

  • アドエア
  • シムビコート
  • フルティフォーム
  • レルベア
ステロイド薬・β2刺激薬配合剤(吸入薬)についての詳しい解説を見る
サイト内検索
トップ