トリメトキノール塩酸塩シロップ小児用0.1%「TCK」 - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
トリメトキノール塩酸塩シロップ小児用0.1%「TCK」
後発

トリメトキノール塩酸塩シロップ小児用0.1%「TCK」の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

次記疾患の気道閉塞性障害にもとづく諸症状の緩解:気管支炎、喘息様気管支炎、気管支喘息。

用法・用量

次記量を1日量とし、1日3~4回に分けて経口投与する。

1歳未満:1~2mL。

1歳~3歳未満:2~4mL。

3歳~5歳未満:4~6mL。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 重大な副作用(頻度不明)

    β2刺激剤により重篤な血清カリウム値低下が報告されている。また、キサンチン誘導体併用、ステロイド剤併用及び利尿剤併用により、β2刺激剤による血清カリウム値低下作用が増強することがあるので、重症喘息患者では特に注意する。特に、低酸素血症においては、血清カリウム値の低下が心リズムに及ぼす作用を増強することがあるので、このような場合には定期的に血清カリウム値を観察することが望ましい。

  2. その他の副作用:副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。

    1. 循環器:(頻度不明)心悸亢進、血圧変動、胸部圧迫感。
    2. 精神神経系:(頻度不明)頭痛、振戦、眩暈、熱感。
    3. 消化器:(頻度不明)悪心、食欲不振。
    4. 過敏症:(頻度不明)発疹。
    5. その他:(頻度不明)口渇。

使用上の注意

(慎重投与)

  1. 甲状腺機能亢進症の患者[交感神経刺激作用により甲状腺機能亢進症を悪化させる恐れがある]。

  2. 高血圧症の患者[交感神経刺激作用により高血圧症状を悪化させる恐れがある]。

  3. 心疾患のある患者[交感神経刺激作用により心拍数が増加し、心臓に過負荷をかけることがあるため、症状を悪化させる恐れがある]。

  4. 糖尿病の患者[交感神経刺激作用により糖代謝を促進し、血中グルコースを増加させる恐れがある]。

(重要な基本的注意)

  1. 用法・用量どおり正しく使用しても効果が認められない場合は、本剤が適当でないと考えられるので、投与を中止する。

  2. 過度に使用を続けた場合、不整脈、場合によっては心停止を起こす恐れがあり、特に発作発現時の吸入投与の場合には使用が過度になりやすいので十分に注意する。

(相互作用)

併用注意:

  1. カテコールアミン製剤(アドレナリン及びイソプレナリン等)[不整脈、場合によっては心停止を起こす恐れがあるので、併用する場合には過度の使用を避け、定期的に臨床症状を観察し、異常が認められた際には減量するなど適切な処置を行う(相加的に作用(交感神経刺激作用)を増強させる)]。

  2. キサンチン誘導体(テオフィリン)、ステロイド剤(プレドニゾロン)、利尿剤(アミノフィリン水和物)[血清カリウム値が低下する恐れがあるので、併用する場合には定期的に血清カリウム値を観察し、用量について注意する(相加的に作用(血清カリウム値の低下作用)を増強し、本剤はcAMPを活性化し、Na-Kポンプを刺激する)]。

(高齢者への投与)

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。

  2. 授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には授乳を避けさせる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。

(取扱い上の注意)

安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、39カ月)の結果、トリメトキノール塩酸塩シロップ小児用0.1%「TCK」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

(保管上の注意)

遮光・冷所保存。