ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」
先発

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」の基本情報

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」の概要

商品名 ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」
一般名 ナロキソン塩酸塩注射液
薬価・規格 921.0円 (0.2mg1mL1管)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 アルフレッサ ファーマ
YJコード 2219402A1030
レセプト電算コード 620370601
添付文書PDFファイル

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」の主な効果と作用

  • 薬により起こる呼吸数の減少や呼吸の乱れなどをおさえる働きがあります。
  • 呼吸を促したり、術後の覚醒遅延などを改善するお薬です。

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」の用途

  • 麻薬による呼吸抑制の改善
  • 麻薬による覚醒遅延の改善

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

血圧上昇、頻脈、胸部苦悶感、振戦、術後疼痛、悪心、嘔吐、腹痛、AST上昇、ALT上昇、肝機能障害

起こる可能性のある重大な副作用

肺水腫

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」の用法・用量

  • ナロキソン塩酸塩として、通常成人1回0.2mgを静脈内注射する
  • 効果不十分の場合、さらに2~3分間隔で0.2mgを1~2回追加投与する
    • なお、患者の状態に応じて適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 非麻薬性中枢神経抑制剤による呼吸抑制
    • 病的原因による呼吸抑制
    • 高血圧
    • 心疾患
    • 麻薬依存
    • 麻薬依存のある母親から生まれた新生児
    • 麻薬依存の疑いのある母親から生まれた新生児

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る