アルガトロバン注射液10mg「サワイ」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
アルガトロバン注射液10mg「サワイ」
後発

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の基本情報

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の概要

商品名 アルガトロバン注射液10mg「サワイ」
一般名 アルガトロバン10mg20mL注射液
薬価・規格 685.0円 (10mg20mL1管)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 沢井製薬
YJコード 2190408A1089
レセプト電算コード 621406001
添付文書PDFファイル

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の主な効果と作用

  • 血を固まりにくくし、血液の流れをよくするお薬です。
  • 血管の中に血栓ができるのを防ぐ働きがあります。

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の用途

  • アンチトロンビン3低下の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止
  • アンチトロンビン3低下の血液透析の灌流血液の凝固防止
  • 先天性アンチトロンビン3欠乏の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止
  • 先天性アンチトロンビン3欠乏の血液透析の灌流血液の凝固防止
  • バージャー病の安静時疼痛の改善
  • バージャー病の四肢潰瘍の改善
  • バージャー病の冷感の改善
  • 閉塞性動脈硬化症の安静時疼痛の改善
  • 閉塞性動脈硬化症の四肢潰瘍の改善
  • 閉塞性動脈硬化症の冷感の改善
  • 慢性動脈閉塞症の安静時疼痛の改善
  • 慢性動脈閉塞症の四肢潰瘍の改善
  • 慢性動脈閉塞症の冷感の改善
  • 血栓症急性期<ラクネを除く>の運動麻痺の改善
  • 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の起立の改善
  • 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の座位保持の改善
  • 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の食事の改善
  • 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の神経症候の改善
  • 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の日常生活動作の改善
  • 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の歩行の改善
  • HIT2型の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止
  • HIT2型の血液透析の灌流血液の凝固防止
  • HIT2型の血栓症の発症抑制
  • HIT2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止
  • ヘパリン起因性血小板減少症2型の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止
  • ヘパリン起因性血小板減少症2型の血液透析の灌流血液の凝固防止
  • ヘパリン起因性血小板減少症2型の血栓症の発症抑制
  • ヘパリン起因性血小板減少症2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

出血、凝固時間延長、血尿、貧血、赤血球減少、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット値減少、白血球増多、白血球減少、血小板減少、過敏症

起こる可能性のある重大な副作用

出血性脳梗塞、脳出血、消化管出血、ショック、アナフィラキシーショック、蕁麻疹、血圧低下、呼吸困難、劇症肝炎、黄疸、重篤な肝機能障害

上記以外の副作用

皮疹、紅斑性発疹、そう痒、血管痛、血管炎、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、LDH上昇、総ビリルビン上昇、γ-GTP上昇、BUN上昇、クレアチニン上昇、嘔吐、下痢、食欲不振、腹痛、頭痛、四肢疼痛、四肢のしびれ、ふらつき、不整脈、心悸亢進、熱感、潮紅、悪寒、発熱、発汗、胸痛、過換気症候群、血圧上昇、浮腫、腫脹、倦怠感、血清総蛋白減少

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の用法・用量

  • 1.次記疾患に伴う神経症候(運動麻痺)、日常生活動作(歩行、起立、座位保持、食事)の改善[発症後48時間以内の脳血栓症急性期(ラクネを除く)]:はじめの2日間は1日アルガトロバン水和物として60mgを適当量の輸液で希釈し、24時間かけて持続点滴静注する
  • その後の5日間は1回アルガトロバン水和物として10mgを適当量の輸液で希釈し1日朝夕2回、1回3時間かけて点滴静注する
    • なお、年齢、症状に応じて適宜増減する
  • 2.慢性動脈閉塞症(バージャー病・閉塞性動脈硬化症)における四肢潰瘍、安静時疼痛ならびに冷感の改善:1回アルガトロバン水和物として10mgを輸液で希釈し、1日2回、1回2~3時間かけて点滴静注する
    • なお、年齢、症状に応じて適宜増減する
  • 3.次記患者における血液体外循環時の灌流血液の凝固防止(血液透析)[先天性アンチトロンビン3欠乏患者、アンチトロンビン3低下を伴う患者(アンチトロンビン3が正常の70%以下に低下し、かつ、ヘパリンナトリウム、ヘパリンカルシウムの使用では体外循環路内の凝血(残血)が改善しないと判断されたもの)、ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型患者]:体外循環開始時にアルガトロバン水和物として10mgを回路内に投与し、体外循環開始後は毎時アルガトロバン水和物として25mgより投与を開始する
  • 凝固時間の延長、回路内凝血(残血)、透析効率及び透析終了時の止血状況等を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定するが、毎時アルガトロバン水和物として5~40mgを目安とする
  • 4.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型(発症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止:本剤をそのまま又は適当量の輸液で希釈し、アルガトロバン水和物として0.1mg/kgを3~5分かけて静脈内投与し、術後4時間までアルガトロバン水和物として6μg/kg/分を目安に静脈内持続投与する
  • その後抗凝固療法の継続が必要な場合は、0.7μg/kg/分に減量し静脈内持続投与する
    • なお、持続投与量は目安であり、適切な凝固能のモニタリングにより適宜調節する
  • 5.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型における血栓症の発症抑制:本剤をそのまま又は適当量の輸液で希釈し、アルガトロバン水和物として0.7μg/kg/分より点滴静注を開始し、持続投与する
    • なお、肝機能障害のある患者や出血のリスクのある患者に対しては、低用量から投与を開始する
  • 活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 喀血
    • 過敏症
    • 凝固障害
    • 血管障害による出血傾向
    • 月経期間中
    • 血小板減少性紫斑病
    • 血友病
    • 手術時
    • 出血
    • 消化管出血
    • 頭蓋内出血
    • 尿路出血
    • 重篤な意識障害を伴う大梗塞
    • 出血性脳梗塞
    • 性器出血を伴う妊産婦
    • 脳塞栓[ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型を除く]
    • 脳塞栓
    • DIC
    • 播種性血管内血液凝固症候群
    • 亜急性細菌性心内膜炎
    • 遺伝性果糖不耐症
    • 血小板減少
    • 重症高血圧症
    • 重症糖尿病
    • 重篤な肝障害
    • 手術後
    • 消化管潰瘍
    • 大腸炎
    • 内臓腫瘍
    • 脳出血
    • 消化管憩室炎
    • 抗凝固剤投与中
    • 血小板凝集抑制作用を有する薬剤投与中
    • 血栓溶解剤投与中
    • フィブリノゲン低下作用を有する酵素製剤投与中
    • 肝機能障害
    • 出血傾向
    • 出血性病変
    • 出血のリスク

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
血液凝固阻止剤 出血傾向の増強
ヘパリン製剤 出血傾向の増強
ワルファリン 出血傾向の増強
血小板凝集抑制作用を有する薬剤 出血傾向の増強
アスピリン 出血傾向の増強
オザグレルナトリウム 出血傾向の増強
チクロピジン塩酸塩 出血傾向の増強
硫酸クロピドグレル 出血傾向の増強
シロスタゾール 出血傾向の増強
ジピリダモール 出血傾向の増強
血栓溶解剤 出血傾向の増強
アルテプラーゼ 出血傾向の増強
ウロキナーゼ 出血傾向の増強
フィブリノゲン低下作用を有する酵素製剤 出血傾向の増強
バトロキソビン 出血傾向の増強

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る