トラクリア小児用分散錠32mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
トラクリア小児用分散錠32mg
先発

トラクリア小児用分散錠32mgの基本情報

トラクリア小児用分散錠32mgの概要

商品名 トラクリア小児用分散錠32mg
一般名 ボセンタン水和物分散錠
薬価・規格 4576.2円 (32mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 ヤンセンファーマ
ブランド トラクリア錠62.5mg 他
YJコード 2190026X1028
レセプト電算コード 622464501
識別コード 32
添付文書PDFファイル

トラクリア小児用分散錠32mgの主な効果と作用

  • 肺動脈の血圧を下げるとともに肺動脈を流れる血液量を増やす働きがあります。
  • 肺高血圧症を治療するお薬です。

トラクリア小児用分散錠32mgの用途

トラクリア小児用分散錠32mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

潮紅、頭痛、AST上昇、ALT上昇、ヘモグロビン減少、動悸、体位性眩暈、ほてり、血圧低下、肝機能異常、筋痛

起こる可能性のある重大な副作用

重篤な肝機能障害、汎血球減少、白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血、心不全、うっ血性心不全、心不全増悪、体液貯留、急激な体重増加、心不全症状、心不全症状増悪、息切れ、息切れ増悪、動悸増悪、心胸比増大、心胸比増大増悪、胸水、胸水増悪

上記以外の副作用

背部痛、倦怠感、下肢浮腫、疲労、γ-GT上昇、γ-GTP上昇、白血球数減少、Al-P上昇、赤血球数減少、好酸球数増加、ヘマトクリット減少、浮動性眩暈、呼吸困難、悪心、嘔吐、下痢、皮膚炎、皮膚そう痒症、発疹、浮腫、発熱、血小板数減少、ビリルビン上昇

トラクリア小児用分散錠32mgの用法・用量

  • 乳児、幼児又は小児には、ボセンタンとして1回2mg/kgを1日2回朝夕、用時、少量の水に分散させ経口投与する
    • 但し、最大投与量は1回120mg、1日240mgとする
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

トラクリア小児用分散錠32mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 重度肝障害
    • シクロスポリン投与中
    • タクロリムス投与中
    • グリベンクラミド投与中
    • 中等度肝障害
    • 低血圧
    • フェニルケトン尿症
    • ワルファリン投与中
    • 投与開始前AST<GOT>ALT<GPT>値両方が基準値上限3倍超える
    • 投与開始前AST<GOT>ALT<GPT>値何れかが基準値上限3倍超える
    • 体液貯留
    • 重度左心室機能不全
    • 特発性又は遺伝性PAH及び先天性心疾患に伴うPAH以外のPAH

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

トラクリア小児用分散錠32mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
CYP2C9酵素により代謝される薬剤 本剤の代謝が競合的に阻害され本剤の血中濃度を上昇、血中濃度が低下
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>の基質となる薬剤 本剤の代謝が競合的に阻害され本剤の血中濃度を上昇、血中濃度が低下
ワルファリン 血中濃度が低下
カルシウム拮抗剤 血中濃度が低下、血圧低下を助長
PDE5阻害薬 血中濃度が低下、血圧低下を助長、本剤の血中濃度が上昇
シルデナフィル 血中濃度が低下、血圧低下を助長、本剤の血中濃度が上昇
塩酸バルデナフィル 血中濃度が低下、血圧低下を助長
タダラフィル 血中濃度が低下、血圧低下を助長
CYP2C19の基質 血中濃度を低下
シクロスポリン 本剤の血中濃度が急激に上昇し本剤の副作用が発現、血中濃度が低下し効果が減弱
タクロリムス水和物 本剤の血中濃度が急激に上昇し本剤の副作用が発現、血中濃度が低下し効果が減弱
グリベンクラミド 肝酵素値上昇の発現率が2倍に増加
ケトコナゾール 本剤の血中濃度が上昇し本剤の副作用が発現
フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇し本剤の副作用が発現
HIV感染症治療薬 本剤の血中濃度が上昇し本剤の副作用が発現
リトナビル 本剤の血中濃度が上昇し本剤の副作用が発現
HMG-CoA還元酵素阻害剤 血中濃度を低下させ効果を減弱
シンバスタチン 血中濃度を低下させ効果を減弱
リファンピシン類 本剤の血中濃度が低下し本剤の効果が減弱
ベラプロストナトリウム 血圧低下を助長
エポプロステノールナトリウム 血圧低下を助長
経口避妊薬 血中濃度が低下し避妊効果が得られない

飲食物との組み合わせ注意

  • グレープフルーツジュース
  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの

トラクリア小児用分散錠32mgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

トラクリア小児用分散錠32mgに関係する解説

エンドセリン受容体拮抗薬

  • トラクリア小児用分散錠32mgは、エンドセリン受容体拮抗薬に分類される。
  • エンドセリン受容体拮抗薬とは、血管収縮作用や血管平滑筋細胞増殖作用などをあらわす体内物質エンドセリンの作用を抑え、肺動脈圧を下げ、息切れや疲労感などを改善する薬。

エンドセリン受容体拮抗薬の代表的な商品名

  • トラクリア
  • ヴォリブリス
  • オプスミット
エンドセリン受容体拮抗薬についての詳しい解説を見る