硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」
後発

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の基本情報

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の概要

商品名 硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」
一般名 硝酸イソソルビド(40mg)貼付剤
薬価・規格 29.2円 (40mg1枚)
薬の形状
外用薬 > 貼付剤 > 貼付剤
外用薬 > 貼付剤 > 貼付剤のアイコン
製造会社 救急薬品
YJコード 2171700S1133
レセプト電算コード 620007646
識別コード EE301
添付文書PDFファイル

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の主な効果と作用

  • 心臓へ酸素や栄養を運ぶ冠動脈をひろげ、血液の流れをよくする働きがあります。
  • 胸の圧迫感や胸痛といった狭心症などの発作を予防またはやわらげるお薬です。

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の用途

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

血圧低下、眩暈、ふらつき、熱感、潮紅、動悸、脱力感、不快感、頭痛、過敏症、皮膚刺激感

上記以外の副作用

発疹、一次刺激性接触皮膚炎、皮膚刺激症状、発赤、皮膚そう痒、アレルギー性接触皮膚炎、皮膚色素沈着、胃部不快感、食欲不振、嘔吐、悪心

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の用法・用量

  • 1回1枚(硝酸イソソルビドとして40mg)を胸部、上腹部又は背部のいずれかに貼付する
  • 貼付後24時間又は48時間ごとに貼りかえる
    • なお、症状により適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 高度貧血
    • 重篤な低血圧
    • 心原性ショック
    • 頭部外傷
    • 脳出血
    • 閉塞隅角緑内障
    • ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤投与中
    • グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤投与中
    • 肝障害
    • 原発性肺高血圧症
    • 低血圧
    • 肥大型閉塞性心筋症

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 高齢者(65歳〜)

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
PDE5阻害薬 降圧作用を増強
シルデナフィル 降圧作用を増強
塩酸バルデナフィル 降圧作用を増強
タダラフィル 降圧作用を増強
sGC刺激剤 降圧作用を増強
リオシグアト 降圧作用を増強
エタノール摂取 血圧低下等が増強、過度の血圧低下
利尿剤 血圧低下等が増強、過度の血圧低下
血管拡張剤 過度の血圧低下、頭痛・血圧低下等の副作用が増強
硝酸・亜硝酸エステル系薬剤 過度の血圧低下、頭痛・血圧低下等の副作用が増強

飲食物との組み合わせ注意

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」に関係する解説

硝酸薬

  • 硝酸イソソルビドテープ40mg「EMEC」は、硝酸薬に分類される。
  • 硝酸薬とは、体内で一酸化窒素を生成し、この物質が心臓の冠動脈を拡げ血流量を増やし、心臓に酸素などを補給したり全身の血管抵抗を減らすことで心臓の負担を軽くする薬。

硝酸薬の代表的な商品名

  • アイトロール
  • ニトロール
  • ニトロペン
  • フランドル
  • ミオコール
硝酸薬についての詳しい解説を見る