処方薬
イソソルビド内用液70%「CEO」
後発

イソソルビド内用液70%「CEO」の基本情報

イソソルビド内用液70%「CEO」の概要

商品名 イソソルビド内用液70%「CEO」
一般名 イソソルビド70%液
薬価・規格 4.0円 (70%1mL)
薬の形状
内用薬 > 液剤 > 液
内用薬 > 液剤 > 液のアイコン
製造会社 セオリア ファーマ
ブランド イソソルビド内用液70%「CEO」 他
YJコード 2139001S1079
レセプト電算コード 621859002
添付文書PDFファイル

イソソルビド内用液70%「CEO」の主な効果と作用

  • メニエル病で起きるめまいや耳なりをやわらげるお薬です。
  • 腎臓、尿管に結石があるとき、尿の量を増やし、結石を尿と一緒に体の外へ出すお薬です。
  • 脳に腫瘍があったり、頭部の傷により脳圧が高くなっている人の脳圧を正常にもどすお薬です。
  • 緑内障により眼圧が高くなっている人の眼圧を下げるお薬です。

イソソルビド内用液70%「CEO」の用途

イソソルビド内用液70%「CEO」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

嘔気、悪心、下痢、嘔吐、食欲不振、不眠、頭痛、過敏症、紅斑、電解質異常

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状、発疹、呼吸困難、血圧低下、動悸

イソソルビド内用液70%「CEO」の用法・用量

  • 1.脳圧降下、眼圧降下、及び利尿を目的とする場合には、1日量70~140mLを2~3回に分けて経口投与する
  • 症状により適宜増量する
  • 2.メニエル病の場合には、1日体重当り1.5~2.0mL/kgを標準用量とし、1日量90~120mLを毎食後3回に分けて経口投与する
  • 症状により適宜増減する
  • 必要によって冷水で2倍程度に希釈して経口投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

イソソルビド内用液70%「CEO」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

イソソルビド内用液70%「CEO」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る