処方薬
ソタコール錠40mg
先発

ソタコール錠40mgの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

生命に危険のある次記の再発性不整脈で他の抗不整脈薬が無効か、又は使用できない場合:心室頻拍、心室細動。

(効能・効果に関連する使用上の注意)

本剤は、他に有用な薬物療法がない心室細動あるいは心室頻拍の患者のうち、心電図上で心室細動が確認されている患者、心電図上で心室頻拍が確認されている患者のうちで、器質的心疾患を有するか又は心室頻拍発作時に失神、急激な血圧下降等の血行動態の悪化の既往があるか、あるいは直流通電の処置を必要とした患者に適用する。

用法・用量

ソタロール塩酸塩として1日80mgから投与を開始し、効果が不十分な場合は1日320mgまで漸増し、1日2回に分けて経口投与する。

(用法・用量に関連する使用上の注意)

本剤の用量は治療上の有効性及び忍容性を基に個々の患者に応じて増減することが望ましい。但し、本剤による催不整脈は投与初期ばかりでなく増量時にも起こる恐れがあるので、用量の調整は徐々に行う。なお、増量する場合は心電図、特にQT時間のモニタリングが出来るように、適切な期間(1~2週間)投与した後に行い、不整脈のコントロールに必要な用量以上の投与を避けるようにし、QT時間延長(0.55秒以上)あるいはPQ延長、徐脈、血圧低下、心拡大等の異常所見が認められた場合には直ちに減量又は投与を中止する。

副作用

副作用の概要

(承認時)

国内の臨床試験において評価対象152例中32例(21.1%)、40件に副作用が認められ、投与中止例は12例であった。副作用の種類別発現頻度は、徐脈、心不全等の循環器症状(10.5%)、頭痛、立ちくらみ等の精神神経症状(7.2%)、嘔気等の消化器系症状(3.9%)、全身倦怠感、易疲労感等その他(4.6%)であった。臨床検査値異常については、中性脂肪(7.8%)、AST(GOT)(2.7%)、ALT(GPT)(3.4%)、γ-GTP(1.4%)、Al-P(1.4%)、LDH(1.4%)、BUN(0.7%)、尿酸(3.5%)、CK(CPK)(1.8%)の上昇等であった。

(再審査終了時)

市販後の使用成績調査において副作用及び臨床検査値異常の発現頻度は、11.5%(133/1,154例)であり、主なものは、徐脈1.6%、心不全1.4%、心室性頻脈1.1%、洞性徐脈0.6%、心電図QT延長0.6%、肝機能異常0.5%であった。

「重大な副作用」及び「その他の副作用」の発現頻度は、承認までの国内臨床試験及び使用成績調査計1,306例に基づく。国内自発報告及び海外で認められている副作用については頻度不明とした。

  1. 重大な副作用

    心室細動、心室頻拍、Torsades de Pointes、洞停止、完全房室ブロック、心不全、心拡大:本剤の催不整脈作用による心室細動(0.2%)あるいは心室頻拍(1.0%)、Torsades de Pointes(0.2%)、洞停止(0.3%)、完全房室ブロック(0.1%)、心不全(1.3%)、心拡大(0.2%)の症状が現れることがあるので、定期的に心電図検査及び胸部レントゲン検査又は心エコー検査を行い、異常が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う(心室細動、心室頻拍又はTorsades de Pointesの場合には次記の処置法を考慮:直流除細動、経静脈ペーシング、エピネフリンの投与、硫酸マグネシウムの投与)。

  2. その他の副作用:次記のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。

    1. 呼吸器:(0.1~3%未満)労作時息切れ、(0.1%未満)喘息、(頻度不明)呼吸困難。
    2. 循環器:(0.1~3%未満)徐脈、QT時間延長、低血圧、動悸、(0.1%未満)胸水貯留、浮腫、(頻度不明)胸痛、心電図異常、失神。
    3. 肝臓:(0.1~3%未満)中性脂肪上昇、肝機能異常、AST増加(GOT増加)、ALT増加(GPT増加)、γ-GTP増加、LDH増加、Al-P増加、(0.1%未満)アルブミン低下、総蛋白量減少。
    4. 消化器:(0.1~3%未満)悪心、(0.1%未満)腹痛、下痢、(頻度不明)嘔吐、消化不良、鼓腸放屁。
    5. 精神神経系:(0.1~3%未満)眩暈、頭痛、立ちくらみ、傾眠傾向、(0.1%未満)意識レベル低下、頭重感、頭部拍動感、(頻度不明)無力症、睡眠障害、抑うつ、感覚異常、不安。
    6. 感覚器:(頻度不明)視覚障害、味覚異常。
    7. 皮膚:(0.1~3%未満)発疹、(0.1%未満)脱毛、(頻度不明)皮膚そう痒、多汗症。
    8. 腎臓:(0.1~3%未満)尿酸上昇、BUN上昇。
    9. 血液:(0.1~3%未満)白血球分画異常(好中球減少、リンパ球増加、好酸球増加)、(0.1%未満)赤血球数減少、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少。
    10. 電解質:(0.1%未満)血清カリウム増加、血清マグネシウム増加。
    11. その他:(0.1~3%未満)全身倦怠感、易疲労感、発熱、CK上昇(CPK上昇)、(0.1%未満)高血糖。

使用上の注意

(警告)

外国の持続性心室頻拍又は心室細動の患者を対象とした臨床試験において、Torsades de Pointesを4.1%(56/1,363)に発現しその危険性は用量依存的に発現するQT時間の延長に伴い増大するとの報告があるので、【用法及び用量】、【使用上の注意】を特に留意し、Torsades de Pointesを含む新たな不整脈の発現に十分注意する。なお、本剤の使用にあたっては、添付文書を熟読する。

(禁忌)

  1. 心原性ショックの患者[心原性ショックの症状を悪化させる恐れがある]。

  2. 重度うっ血性心不全の患者[心収縮力低下により、心不全を悪化させる恐れがあり、また、催不整脈作用により持続性心室頻拍、心室細動を起こしやすい]。

  3. 重篤な腎障害(クレアチニンクリアランス(10mL/min)のある患者[本剤は腎臓から排泄されるため、血中濃度が高くなることにより、重篤な副作用が発現する恐れがある]。

  4. 高度洞性徐脈(50拍/分未満)(高度洞不全)のある患者[本剤は洞結節抑制作用があり、これが催不整脈の誘因となる恐れがある]。

  5. 高度刺激伝導障害(2~3度房室ブロック、高度洞房ブロック等)のある患者[刺激伝導障害が悪化し、完全房室ブロック、心停止を起こす恐れがある]。

  6. 気管支喘息、気管支痙攣の恐れのある患者[気管支拡張抑制作用を有するため]。

  7. 先天性QT延長症候群又は後天性QT延長症候群の患者[過度のQT延長により催不整脈の誘因となる恐れがある]。

  8. 本剤に対する重篤な過敏症の既往歴のある患者。

  9. 心筋抑制のある麻酔薬投与中(シクロプロパン等)の患者。

  10. アミオダロン塩酸塩(注射)投与中、バルデナフィル塩酸塩水和物投与中、モキシフロキサシン塩酸塩投与中、トレミフェンクエン酸塩投与中、フィンゴリモド塩酸塩投与中又はエリグルスタット酒石酸塩投与中の患者。

(慎重投与)

  1. 基礎心疾患があり心不全(心筋梗塞があり心不全、弁膜症があり心不全、心筋症があり心不全等)を来す恐れのある患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[持続性心室頻拍、Torsades de Pointes、心室細動等が発現する恐れが高いので、入院させて投与を開始する]。

  2. 急性心筋梗塞(発症後2週間以内)後で左室機能不全(左室駆出率(LVEF)40%以下)を伴う患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[高用量投与により、投与初期における突然死の発生率が高いとの報告があるので、有用性が危険性を上回るか否かを十分検討する]。

  3. うっ血性心不全のある患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[心収縮力の低下により、心不全を悪化させる恐れがある]。

  4. 刺激伝導障害(房室ブロック、洞房ブロック)のある患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[本剤は房室伝導を抑制する作用を有し、刺激伝導障害を更に悪化させる恐れがあり、入院させて投与を開始する]。

  5. 高齢者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[入院させて投与を開始することが望ましい]。

  6. 腎機能障害のある患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[本剤は腎臓からの排泄により体内から消失する薬剤であり、血中濃度が高くなりやすい]。

  7. 心電図上QT延長のみられる患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[Torsades de Pointes又は持続性心室頻拍/心室細動の誘因となる恐れがある]。

  8. 血清カリウム低下、血清マグネシウム低下のある患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[Torsades de Pointes又は持続性心室頻拍/心室細動の誘因となる恐れがある]。

  9. 洞機能不全症候群の患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[洞徐脈、洞休止、洞停止を起こす恐れがある]。

  10. 糖尿病患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[低血糖の症状をマスクする恐れがあるので、血糖値に注意する]。

  11. 甲状腺中毒症の患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[甲状腺機能亢進の症状をマスクする恐れがあり、また、本剤の急な投与中止により、甲状腺機能亢進の諸症状を悪化させる恐れがある]。

  12. アナフィラキシーの既往のある患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[種々の抗原に対するアナフィラキシーの既往のある患者では、β遮断薬の投与中に繰り返し受ける刺激によってより重度の反応を起こす恐れがあり、これらの患者ではアレルギー反応の治療に用いられる通常のエピネフリンに対して反応を示さない恐れがある]。

  13. 乾癬の患者には、少量から開始するなど投与量に十分注意するとともに定期的に心電図検査を実施する[β遮断薬がまれに尋常性乾癬の症状を悪化させるとの報告がある]。

(重要な基本的注意)

  1. 本剤の使用は致死的不整脈治療の十分な経験のある医師に限り、諸検査の実施が可能で、緊急時にも十分に対応できる設備の整った施設でのみ使用する。なお、本剤の対象が重篤な疾患であること、心室頻拍又は心室細動の再発、あるいは本剤による催不整脈の発現も危惧されることから入院管理下で投与を開始することが望ましい。

  2. 本剤の投与に際しては、頻回に患者の状態を観察するとともに、心機能検査(脈拍、血圧、心電図検査、心エコー検査、胸部X線検査等)を定期的に行う。

  3. 本剤の投与を急に中止した後に、狭心症、不整脈又は心筋梗塞を誘発する恐れがあるので、本剤を長期間投与した後に投与を中止する際には徐々に減量して、観察を十分に行う(患者に対しては、医師の指示なしに服用を中断もしくは中止しないように注意する)。

(相互作用)

  1. 併用禁忌

    1. 心筋抑制のある麻酔薬(シクロプロパン等)[循環不全を来す恐れがあるので、併用しない(相加的に作用(交感神経抑制作用)を増強させる)]。
    2. アミオダロン塩酸塩(注射)(アンカロン注)、バルデナフィル塩酸塩水和物(レビトラ)、モキシフロキサシン塩酸塩(アベロックス)、トレミフェンクエン酸塩(フェアストン)、フィンゴリモド塩酸塩(イムセラ、ジレニア)[QT延長を増強し、心室性頻拍(Torsades de Pointesを含む)等を起こす恐れがある(相加的にQT延長作用を増強させる)]。
    3. エリグルスタット酒石酸塩(サデルガ)[QT延長等を生じる恐れがある(相加的にQT延長作用を増強させる)]。
  2. 併用注意

    1. 抗不整脈薬(ジソピラミド、アミオダロン塩酸塩(経口)等)[不応期延長作用を増強することがあるので、減量するなど注意する(相加的に作用(不応期延長作用)を増強させる)]。
    2. フェノチアジン系薬(クロルプロマジン塩酸塩等)、三環系抗うつ薬(イミプラミン塩酸塩等)、メシル酸ガレノキサシン水和物、シプロフロキサシン塩酸塩、三酸化ヒ素、スニチニブリンゴ酸塩、ニロチニブ塩酸塩水和物[QT延長作用を増強することがあるので、減量するなど注意する(相加的に作用(QT延長作用)を増強させる)]。
    3. β遮断薬(プロプラノロール塩酸塩等)[β遮断作用が増強されることがあるので、減量するなど注意する(相加的に作用(β遮断作用)を増強させる)]。
    4. カルシウム拮抗薬(ベラパミル塩酸塩、ジルチアゼム塩酸塩等)[房室伝導抑制・心室機能への陰性変力作用が増強され、また、低血圧が引き起こされる恐れがあるので、減量するなど注意する(相加的に作用(心刺激伝導抑制作用、陰性変力作用、降圧作用)を増強させる)]。
    5. カリウム排泄型利尿剤(フロセミド等)[血清カリウムを低下させ、Torsades de Pointes又は持続性心室頻拍/心室細動の誘因となる恐れがあるので、血清カリウム値に注意を払う(利尿剤による低カリウム血症が心室自動能を亢進させるため、本剤の副作用(催不整脈作用)発現の誘因となる)]。
    6. β2受容体刺激薬(サルブタモール硫酸塩等)[β2受容体刺激薬の作用が減弱することがあるので、併用に注意する(本剤の非選択的β受容体遮断効果によりこれらβ2受容体刺激薬の作用を減弱させる)]。
    7. 強心配糖体(ジゴキシン等)[ジゴキシンの血中濃度を変化させないが、併用投与で催不整脈作用の誘因となる恐れがあるので、併用に注意する(強心配糖体が心室自動能を亢進させるため、本剤の副作用(催不整脈作用)発現の誘因となる)]。
    8. レセルピン、グアネチジン[交感神経の緊張を低下させ過度の低血圧又は徐脈を引き起こすことがあるので、減量するなど注意する(相加的に作用(交感神経抑制作用)を増強させる)]。
    9. クロニジン塩酸塩[併用している患者においてクロニジン投与を中止するとリバウンドにより血圧上昇を増強する恐れがあるので、減量するなど注意する(クロニジンはα2受容体に選択的に作用し、ノルエピネフリンの遊離を抑制しているため、急激な中止によって血中カテコールアミンの上昇が起こるが、この時、β受容体遮断薬を併用すると上昇したカテコールアミンの作用のうち、β受容体刺激作用が遮断され、α受容体刺激作用だけが残るため、急激な血圧上昇が起こる)]。
    10. インスリン及び経口血糖降下薬[本剤投与中に高血糖が現れることがあるので、インスリン及び経口血糖降下薬を併用投与する場合は、これらの薬剤の用量の調整が必要になることがあり、また、低血糖の諸症状がマスクされることがあるので、併用する場合には注意する(患者によっては本剤のβ遮断作用により高血糖が現れることがあり、また、インスリンによる低血糖に伴う交感神経系の諸症状(頻脈等)を本剤がマスクする)]。
    11. 麻酔薬[本剤投与中の患者に使用する場合、重度の低血圧の持続・心臓の正常な律動への回復又は維持が困難になる恐れがあるので、併用する場合には注意する(本剤の作用(血圧降下作用)を増強させる)]。

(高齢者への投与)

一般に高齢者では肝・腎機能が低下していることが多く、また体重が少ない傾向があるなど、副作用が発現しやすいので慎重に投与する。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。

  2. 授乳婦への投与は避け、やむを得ず投与する場合は授乳を中止させる[動物実験及びヒトにおいて母乳中への移行が報告されている]。

(小児等への投与)

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。

(臨床検査結果に及ぼす影響)

本剤投与中の患者では、尿中メタネフリン(カテコールアミン)の測定に分光分析を用いると見かけ上、測定値の上昇がみられることがあるため、本剤投与中の患者に褐色細胞腫の検査を行う場合には、正確な診断が妨げられる恐れがあるので、測定には固相抽出によるHPLC等を用いる。

(過量投与)

過量投与により徐脈、うっ血性心不全、低血圧、気管支痙攣、低血糖、Torsades de Pointes等の発現が予想されるが、その際には、投与を中止又は減量し、十分に患者を観察する。更に、必要があれば次の処置を行う。また、本剤は血漿蛋白にほとんど結合しないので、過量投与時血漿中濃度を低下させるためには血液透析が有用である。

  1. 過量投与による徐脈:アトロピンの投与、経静脈ペーシング。

  2. 過量投与による心ブロック:経静脈ペーシング。

  3. 過量投与による低血圧:エピネフリン、イソプロテレノール、ノルエピネフリンの投与。

  4. 過量投与による気管支痙攣:アミノフィリン、エアゾル型サルブタモールの投与。

  5. 過量投与によるTorsades de Pointes:直流除細動、経静脈ペーシング、エピネフリンの投与、硫酸マグネシウムの投与。

(適用上の注意)

薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。