ドブトレックスキット点滴静注用200mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ドブトレックスキット点滴静注用200mg
先発

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの基本情報

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの概要

商品名 ドブトレックスキット点滴静注用200mg
一般名 ドブタミン塩酸塩キット
薬価・規格 1497.0円 (0.1%200mL1袋)
薬の形状
注射薬 > キット類 > キット類
注射薬 > キット類 > キット類のアイコン
製造会社 共和薬品
ブランド ドブトレックス注射液100mg 他
YJコード 2119404G3056
レセプト電算コード 620005188
添付文書PDFファイル

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの主な効果と作用

  • 心臓の収縮力を強め、循環不全状態を改善するお薬です。
  • 心臓の働きをよくすることにより、全身に送り出す血液の量を増やす働きがあります。
  • 心臓の検査に用いるお薬です。

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの用途

  • 急性循環不全の心収縮力増強
  • 心エコー図検査の負荷

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

期外収縮、不整脈、頻脈、過度の血圧上昇、動悸、胸部不快感、狭心痛、前胸部熱感、息切れ、悪心、腹部痛

起こる可能性のある重大な副作用

心停止、心室頻拍、心室細動、心筋梗塞、ストレス心筋症、心室性期外収縮、ST上昇、壁運動異常、心室基部過収縮、心尖部広範囲におよぶ収縮低下

上記以外の副作用

発赤、腫脹、頭痛、発疹、好酸球増多、血圧低下、血清カリウム低下

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの用法・用量

  • 〈急性循環不全における心収縮力増強〉通常、ドブタミンとして、1分間あたり1~5μg/kgを点滴静注する
  • 投与量は患者の病態に応じて、適宜増減し、必要ある場合には1分間あたり20μg/kgまで増量できる
  • 〈心エコー図検査における負荷〉通常、ドブタミンとして、1分間あたり5μg/kgから点滴静注を開始し、病態が評価できるまで1分間あたり10、20、30、40μg/kgと3分毎に増量する
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 〈効能共通〉参考として、体重あたりの投与量は次のとおりである
  • 7.1.1.1). ドブタミン投与量3μg/kg/分:①. 体重10kg:1.8滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:3.6滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:5.4滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:7.2滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:9.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:10.8滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:12.6滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:14.4滴/分(mL/時)
  • 2). ドブタミン投与量5μg/kg/分:①. 体重10kg:3.0滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:6.0滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:9.0滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:12.0滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:15.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:18.0滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:21.0滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:24.0滴/分(mL/時)
  • 3). ドブタミン投与量7μg/kg/分:①. 体重10kg:4.2滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:8.4滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:12.6滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:16.8滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:21.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:25.2滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:29.4滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:33.6滴/分(mL/時)
  • 4). ドブタミン投与量10μg/kg/分:①. 体重10kg:6.0滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:12.0滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:18.0滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:24.0滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:30.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:36.0滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:42.0滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:48.0滴/分(mL/時)
  • 5). ドブタミン投与量15μg/kg/分:①. 体重10kg:9.0滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:18.0滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:27.0滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:36.0滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:45.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:54.0滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:63.0滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:72.0滴/分(mL/時)
  • 6). ドブタミン投与量20μg/kg/分:①. 体重10kg:12.0滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:24.0滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:36.0滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:48.0滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:60.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:72.0滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:84.0滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:96.0滴/分(mL/時)
  • 7). ドブタミン投与量30μg/kg/分*:①. 体重10kg:18.0滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:36.0滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:54.0滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:72.0滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:90.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:108.0滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:126.0滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:144.0滴/分(mL/時)
  • 8). ドブタミン投与量40μg/kg/分*:①. 体重10kg:24.0滴/分(mL/時)
  • ②. 体重20kg:48.0滴/分(mL/時)
  • ③. 体重30kg:72.0滴/分(mL/時)
  • ④. 体重40kg:96.0滴/分(mL/時)
  • ⑤. 体重50kg:120.0滴/分(mL/時)
  • ⑥. 体重60kg:144.0滴/分(mL/時)
  • ⑦. 体重70kg:168.0滴/分(mL/時)
  • ⑧. 体重80kg:192.0滴/分(mL/時)
  • 単位:小児用点滴セット(60滴≒1mL)を使用する場合は、滴/分、微量輸液ポンプを使用する場合は、mL/時を表示する
  • *:心エコー図検査における負荷において使用する投与量
  • 7.2. 〈心エコー図検査における負荷〉本剤による負荷終了の目安等を含めた投与方法等については、ガイドライン等、最新の情報を参考にすること
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 褐色細胞腫
    • 過敏症
    • 急性心膜炎
    • 高度伝導障害
    • 重症心不全
    • 肥大型閉塞性心筋症
    • 不安定狭心症
    • 特発性肥厚性大動脈弁下狭窄
    • 収縮性心膜炎
    • 心タンポナーデ
    • コントロール不良の高血圧症
    • 大動脈解離
    • 急性心筋炎
    • 急性心筋梗塞後早期
    • 急性心内膜炎
    • 左冠動脈主幹部狭窄
    • 重症頻拍性不整脈
    • 重篤な血管病変
    • 循環血液量減少症
    • 心室充満障害
    • 開心術後に心拍数が多い小児等
    • 高度大動脈弁狭窄
    • 境界型糖尿病
    • 高血圧症
    • 重篤な冠動脈疾患
    • 重篤な心疾患
    • 心筋炎
    • 心房細動
    • 心膜炎
    • 重篤な血流閉塞
    • 糖尿病
    • 心内膜炎
    • 新生児の重篤な心疾患
    • 乳幼児の重篤な心疾患
    • 過度の血圧低下を伴う急性循環不全
    • 重症心臓弁膜症
    • 高齢者の重篤な心疾患

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ドブトレックスキット点滴静注用200mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
β-遮断剤 本剤の効果の減弱、末梢血管抵抗の上昇
プロプラノロール 本剤の効果の減弱、末梢血管抵抗の上昇

ドブトレックスキット点滴静注用200mgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る