処方薬
プロタノールL注1mg

プロタノールL注1mgの基本情報

プロタノールL注1mgの概要

商品名 プロタノールL注1mg
一般名 l-イソプレナリン塩酸塩注射液
薬価・規格 1031.0円 (0.02%5mL1管)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 興和
ブランド プロタノールL注0.2mg 他
YJコード 2119400A2032
レセプト電算コード 620008927
添付文書PDFファイル

プロタノールL注1mgの主な効果と作用

  • 気管支の緊張やけいれんをおさえ、気管支をひろげて咳や苦しい呼吸をやわらげる働きがあります。
  • 呼吸を楽にするお薬です。
  • 心臓の収縮力を強め、心拍出量や心拍数を増やす働きがあります。
  • アダムス・ストークス症候群や心不全などを治療するお薬です。

プロタノールL注1mgの用途

  • アダムス・ストークス症候群<徐脈型>の心停止
  • アダムス・ストークス症候群<徐脈型>の発作
  • アダムス・ストークス症候群<徐脈型>の発作反復時
  • アダムス・ストークス症候群<徐脈型>の高度徐脈
  • 細菌内毒素の急性心不全
  • 心筋梗塞急性心不全
  • 気管支喘息の重症発作時
  • 手術後の低心拍出量症候群

プロタノールL注1mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

心悸亢進、頻脈、頭痛、振戦、発汗、神経過敏、悪心、嘔吐、胃痛、下痢、鼓腸

起こる可能性のある重大な副作用

心筋虚血、異型狭心症、非Q波梗塞、ST上昇、ST低下、胸痛、心室性期外収縮、心室性頻拍、致死的不整脈、血清カリウム値低下、血清カリウム値低下作用が増強、心リズムに及ぼす作用を増強

上記以外の副作用

顔面潮紅、顔面蒼白、血圧変動、過敏症、発疹

プロタノールL注1mgの用法・用量

  • 〈点滴静注〉l-イソプレナリン塩酸塩として0.2~1.0mgを等張溶液200~500mLに溶解し、心拍数又は心電図をモニターしながら注入する
  • 徐脈型アダムス・ストークス症候群においては、心拍数を原則として毎分50~60に保つ
  • ショックないし低拍出量症候群においては、心拍数を原則として毎分110前後に保つようにする
  • 〈緊急時〉急速な効果発現を必要とする時には、l-イソプレナリン塩酸塩として0.2mgを等張溶液20mLに溶解し、その2~20mLを静脈内(徐々に)、筋肉内又は皮下に注射する
  • 心臓がまさに停止せんとする時には、l-イソプレナリン塩酸塩として0.02~0.2mgを心内に与えてもよい
    • なお、症状により適宜増量する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

プロタノールL注1mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • ジギタリス中毒
    • 特発性肥大性大動脈弁下狭窄症
    • エフェドリン投与中
    • カテコールアミン投与中
    • メチルエフェドリン投与中
    • ドロキシドパ投与中
    • フェノテロール投与中
    • メチルエフェドリンサッカリネート投与中
    • 冠動脈疾患
    • 高血圧
    • 甲状腺機能亢進症
    • 重症喘息
    • 糖尿病
    • キサンチン誘導体併用
    • ステロイド剤併用
    • 利尿剤併用
    • うっ血性心不全

患者の属性に応じた注意喚起

プロタノールL注1mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
カテコールアミン製剤 重篤ないし致死的不整脈、心停止
エピネフリン 重篤ないし致死的不整脈、心停止
エフェドリン<マオウ以外> 重篤ないし致死的不整脈、心停止
メチルエフェドリン 重篤ないし致死的不整脈、心停止
メチルエフェドリンサッカリネート 重篤ないし致死的不整脈、心停止
フェノテロール 重篤ないし致死的不整脈、心停止
ドロキシドパ 重篤ないし致死的不整脈、心停止
β-刺激剤 心停止、不整脈
サルブタモール 心停止、不整脈
プロカテロール 心停止、不整脈
キサンチン系薬剤 低カリウム血症・循環器症状<頻脈等>等の本剤の副作用症状を増強
テオフィリン 低カリウム血症・循環器症状<頻脈等>等の本剤の副作用症状を増強
アミノフィリン製剤 低カリウム血症・循環器症状<頻脈等>等の本剤の副作用症状を増強
副腎皮質ホルモン剤 血清カリウム値が低下
利尿剤 血清カリウム値が低下
強心配糖体製剤 作用を増強
ジゴキシン 作用を増強
ジギトキシン 作用を増強
ラナトシドC 作用を増強
アセチルコリン 本剤及び併用薬剤の作用が減弱
マオウ<エフェドリンは併用禁忌> 不眠、発汗過多、頻脈、動悸、全身脱力感、精神興奮

プロタノールL注1mgと主成分が同じ薬

  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 1031.0円 (0.02%5mL1管)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 興和
主成分が同じ薬をすべて見る