エリザスカプセル外用400μg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
エリザスカプセル外用400μg
先発

エリザスカプセル外用400μgの基本情報

エリザスカプセル外用400μgの概要

商品名 エリザスカプセル外用400μg
一般名 デキサメタゾンシペシル酸エステル噴霧剤
薬価・規格 106.0円 (400μg1カプセル)
薬の形状
外用薬 > 目・耳鼻用剤 > 噴霧剤
外用薬 > 目・耳鼻用剤 > 噴霧剤のアイコン
製造会社 日本新薬
ブランド エリザスカプセル外用400μg 他
YJコード 1329712A1028
レセプト電算コード 621954201
識別コード @129@129
添付文書PDFファイル

エリザスカプセル外用400μgの主な効果と作用

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を改善するお薬です。
  • 鼻の粘膜の炎症アレルギーをおさえる働きがあります。

エリザスカプセル外用400μgの用途

エリザスカプセル外用400μgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

鼻部不快感、咽頭不快感、ALT上昇、AST上昇、総ビリルビン上昇、直接ビリルビン上昇、白血球数増加、白血球数減少、好中球数減少、トリグリセリド上昇

起こる可能性のある重大な副作用

アナフィラキシー、呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹

エリザスカプセル外用400μgの用法・用量

  • 通常、成人には1回1カプセル(デキサメタゾンシペシル酸エステルとして400μg)を1日1回専用噴霧器を用いて鼻腔に噴霧する
  • (用法及び用量に関連する注意)本剤は噴霧用カプセルであり、必ず専用噴霧器(ツインライザー)を用いて噴霧し、内服しないこと〔14.1参照〕
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

エリザスカプセル外用400μgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 全身の真菌症
    • 有効な抗菌剤の存在しない感染症
    • 重症肥厚性鼻炎
    • 鼻茸
    • 反復性鼻出血
    • 長期又は大量の全身性ステロイド療法
    • 副作用として鼻閉がみられる降圧剤服用中
    • 鼻咽喉感染症<有効な抗菌剤の存在しない感染症・全身の真菌症を除く>

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 小児等(0歳〜14歳)

エリザスカプセル外用400μgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
副作用として鼻閉がみられる降圧剤服用中 鼻閉症状に対する本剤の効果が隠蔽

エリザスカプセル外用400μgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

エリザスカプセル外用400μgに関係する解説

副腎皮質ホルモン(点鼻薬)

  • エリザスカプセル外用400μgは、副腎皮質ホルモン(点鼻薬)に分類される。
  • 副腎皮質ホルモン(点鼻薬)とは、副腎皮質ホルモンの抗炎症作用や抗アレルギー作用などにより、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎の症状を改善する薬。

副腎皮質ホルモン(点鼻薬)の代表的な商品名

  • フルナーゼ
  • アラミスト
  • ナゾネックス
  • リノコート
  • エリザス
副腎皮質ホルモン(点鼻薬)についての詳しい解説を見る