処方薬
オペガードMA眼灌流液
先発

オペガードMA眼灌流液の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

眼手術時(白内障手術時、硝子体手術時、緑内障手術時)の眼内灌流及び洗浄。

用法・用量

眼内灌流及び洗浄を目的として用いる。使用量は、次のとおりとする。なお、術式及び手術時間等により適宜増減する。

白内障手術:20~500mL。

硝子体手術:50~4000mL。

緑内障手術:20~50mL。

副作用

承認時及び使用成績調査での総症例1,931例の調査では副作用は認められなかった(再審査終了時)。

その他の副作用:次の副作用は自発報告で認められたものである。

眼:(頻度不明)角膜浮腫、角膜混濁[発現した場合には、適切な処置を行う]。

使用上の注意

(適用上の注意)

  1. 使用経路:眼手術時の眼内灌流及び洗浄にのみ使用する。

  2. 使用時:ソフトバッグを包んでいる外袋は使用直前に開封し、外袋開封後は9時間以内に使用する(外袋内に封入してある炭酸ガス(CO2)の気散により、内容液のpHが上昇する)。

  3. 使用後:使用は1回限りとし、残液は廃棄する(本剤は保存剤を含有しないので、二次汚染の恐れがある)。

(取扱い上の注意)

  1. 注意

    1. 製品の品質を保持するため、外袋は使用時まで開封しない。
    2. 外袋が破損したものは使用しない。
    3. 外袋開封前に外袋のインジケーターが黄土色以外に変色しているものは使用しない。
    4. 外袋の内側に水滴や内容液の漏出が認められるものは、ソフトバッグにピンホールが発生している恐れがあるので、使用しない。
    5. ソフトバッグ製品では、ゴム栓のシールがはがれているときには使用しない。
    6. ソフトバッグ製品では、導入針はゴム栓の大きな○の穴にまっすぐ刺す。
    7. ソフトバッグ製品では、通気針は不要である。
    8. ソフトバッグ製品では、原則として連結管を用いたタンデム方式による投与はできない。
    9. ソフトバッグ製品では、硝子体手術装置の灌流圧自動調整システム(加圧ガスを灌流液の容器内に送り灌流圧を調整するシステム)には対応しないので、灌流圧の調整が必要な場合は、灌流圧自動調整システムは使用せずソフトバッグの高さを上下して調整する。
    10. ソフトバッグ製品の液目盛りはおよその目安として使用する。
  2. 使用期限内であっても、外袋開封後は速やかに使用する。