マクジェン硝子体内注射用キット0.3mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
マクジェン硝子体内注射用キット0.3mg
先発

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgの基本情報

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgの概要

商品名 マクジェン硝子体内注射用キット0.3mg
一般名 ペガプタニブナトリウムキット
薬価・規格 111439.0円 (0.3mg90μL1筒)
薬の形状
注射薬 > キット類 > キット類
注射薬 > キット類 > キット類のアイコン
製造会社 ボシュロム・ジャパン
YJコード 1319402G1026
レセプト電算コード 620008448
添付文書PDFファイル

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgの主な効果と作用

  • 目の中に異常な血管が成長するのをおさえ、小さくする働きがあります。
  • 視力の低下の進行をおさえるお薬です。

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgの用途

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

角膜浮腫、飛蚊症、硝子体混濁、結膜出血、点状角膜炎、角膜炎、表層角膜炎、網膜出血、結膜充血、視力低下、硝子体浮遊物

起こる可能性のある重大な副作用

眼圧上昇、眼内炎、外傷性白内障、硝子体出血、網膜剥離、網膜裂孔、ショック、アナフィラキシー様症状、発疹、蕁麻疹、そう痒、息切れ、血圧低下

上記以外の副作用

眼痛、白内障、前房炎症、流涙増加、角膜糜爛、結膜浮腫、角膜上皮障害、眼充血、結膜炎、散瞳、アレルギー性結膜炎、角膜沈着物、前房出血、角膜ジストロフィー、角膜擦過傷、角膜症、乾性角結膜炎、硝子体障害、硝子体剥離、黄斑変性、網膜瘢痕、網膜滲出物、黄斑浮腫、硝子体炎、網膜動脈閉塞、網膜色素脱失、眼脂、視覚障害、眼刺激、眼異物感、羞明、眼そう痒症、眼異常感、霧視、光視症、眼瞼浮腫、眼乾燥、眼部腫脹、眼瞼下垂、眼瞼炎、眼血管障害、眼瞼そう痒症、眼炎症、眼緊張低下、眼沈着物、眼瞼紅斑、眼瞼刺激、眼出血、眼瞼出血、眼部液ドレナージ、眼窩周囲血腫、眼圧低下、視野欠損、眼精疲労、疲労、接触性皮膚炎、高血圧、悪心、頭痛、不安、鼻漏、薬物過敏症、顔面浮腫、発熱、擦過傷、虹彩炎、ぶどう膜炎、角膜障害、瞳孔障害、瞳孔変形、注射部位小水疱、虹彩障害、瞳孔反射障害、視神経乳頭陥凹、硝子体脱出、網膜静脈閉塞、眼運動障害、黄疸眼、眼瞼外反、注射部位反応、湿疹、寝汗、皮膚そう痒症、毛髪変色、メニエル病、回転性眩暈、感音性難聴、大動脈瘤、動悸、嘔吐、胃不快感、うつ病、悪夢、γ-GTP増加、鼻咽頭炎、インフルエンザ様疾患、悪寒、圧痛、背部痛、胸痛

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgの用法・用量

  • ペガプタニブナトリウム0.3mg(ペガプタニブのオリゴヌクレオチドとして)を6週ごとに1回、硝子体内投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

マクジェン硝子体内注射用キット0.3mgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る