処方薬
ギャバロン髄注0.05%
先発

ギャバロン髄注0.05%の基本情報

ギャバロン髄注0.05%の概要

商品名 ギャバロン髄注0.05%
一般名 バクロフェン注射液
薬価・規格 23172.0円 (0.05%20mL1管)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 第一三共
ブランド ギャバロン錠5mg 他
YJコード 1249401A2029
レセプト電算コード 620003111
添付文書PDFファイル

ギャバロン髄注0.05%の主な効果と作用

  • 脊髄や中枢神経に働いて、筋肉の緊張や痛みをやわらげる働きがあります。
  • 脳や脊髄の損傷により起こる筋肉のつっぱり、こわばりや麻痺をやわらげるお薬です。

ギャバロン髄注0.05%の用途

  • 脊髄疾患の重度の痙性麻痺

ギャバロン髄注0.05%の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

頭痛、血圧低下、脱力感、悪心、異常感、発熱、排尿困難、尿失禁、腹部膨満感、疼痛、尿閉

起こる可能性のある重大な副作用

幻覚、錯乱、精神依存

上記以外の副作用

便秘、下痢、歩行困難、筋緊張、傾眠、嘔吐、筋力低下、発疹、筋緊張低下、眩暈、ふらつき、嘔気、しびれ、痙攣発作、嗜眠、昏睡、筋緊張亢進、肺炎、便失禁、過敏症、感覚減退、鼻咽頭炎、CRP上昇、ほてり、耳管開放、浮腫、LDH上昇、頚部痛、錯感覚、高血圧、期外収縮、四肢重感、カテーテル留置部位異常感覚、前立腺特異性抗原増加、副睾丸炎、前立腺炎、無力症、見当識障害、思考異常、アジテーション、重圧感、不眠症、言語機能障害、反応性遅延、背部痛、振戦、視神経調節障害、徐脈、呼吸抑制、口内乾燥、唾液分泌亢進、頻尿、灼熱感、皮膚潰瘍、転倒、悪寒、性機能障害、そう痒症、冷感、胃部不快感、排便障害、情緒不安定、呼吸困難、倦怠感、胸部不快感、うつ状態、会話障害、低換気、CK上昇、CPK上昇

ギャバロン髄注0.05%の用法・用量

  • スクリーニング[効果の確認]:本剤専用のポンプシステムを植込む前に本剤の効果を確認するため、スクリーニングを実施する
  • スクリーニングには髄注0.005%(0.05mg/1mL)を用いる
  • バクロフェンとして1日1回50μg[髄注0.005%を1mL]をバルボタージ法(ポンピング)により髄腔内投与し、抗痙縮効果を1~8時間後に確認する
  • 期待した効果が認められない場合、初回投与から24時間以降に75μg[髄注0.005%を1.5mL]に増量の上同様に髄腔内投与して1~8時間後に効果を確認する
  • 期待した効果が認められない場合、2回目の投与から24時間以降に100μg[髄注0.005%を2mL]に増量の上同様に髄腔内投与して1~8時間後に効果を確認する
  • 100μgでも効果が認められない場合、本剤の治療対象とはならない
  • 小児にはバクロフェンとして1日1回25μg[髄注0.005%を0.5mL]をバルボタージ法(ポンピング)により髄腔内投与し、抗痙縮効果を1~8時間後に確認する
    • 但し、体格、症状などを考慮して増量することができるが、初回投与量の上限は50μg[髄注0.005%を1mL]とする
  • 期待した効果が認められない場合、初回投与量が50μg未満である場合は50μg、50μgである場合は75μgに増量の上、髄腔内投与して1~8時間後に効果を確認する
  • 期待した効果が認められない場合、成人の用法・用量に準じて増量の上、同様に髄腔内投与して1~8時間後に効果を確認する
  • 100μgでも効果が認められない場合、本剤の治療対象とはならない
  • 適正用量の設定:本剤専用のポンプシステム植込み後の適正用量の設定には、髄注0.05%(10mg/20mL)又は髄注0.2%(10mg/5mL)を用いる
  • 髄注0.2%は0.05~0.2%の範囲内で日局生理食塩液にて希釈して使用することができる
  • 1.用量設定期(滴定期)[ポンプシステム植込み後60日まで]:スクリーニングのいずれかの用量で期待した抗痙縮効果が認められた患者には、その用量を初回1日用量とし、本剤専用の植込み型ポンプシステムを用い24時間かけて髄腔内投与する
  • 1日用量が50~250μgとなる範囲で患者の症状に応じ適宜増減する
  • 用量の調整は1日に1回、次のとおりとする
    • なお、1日用量の上限は600μgとする
  • 原疾患:脊髄疾患(脊髄損傷、脊髄小脳変性症(痙性対麻痺)等)[増量時;30%以内の範囲、減量時;20%以内の範囲]
  • 原疾患:脳疾患(脳性麻痺、頭部外傷等)[増量時;15%以内の範囲、減量時;20%以内の範囲]
  • 小児には1日用量が25~150μgとなる範囲で患者の症状に応じ適宜増減する
  • 用量の調整は1日に1回、次のとおりとする
    • なお、1日用量の上限は400μgとする
  • 小児:増量時;15%以内の範囲、減量時;20%以内の範囲
  • 2.維持期[ポンプシステム植込み後61日以降]:標準1日用量として50~250μgであるが、患者の本剤に対する反応には個人差があるため、症状に応じて適宜増減する
  • 用量の調整は1日に1回、次のとおりとする
    • なお、1日用量の上限は600μgとする
  • 原疾患:脊髄疾患(脊髄損傷、脊髄小脳変性症(痙性対麻痺)等)[増量時;40%以内の範囲、減量時;20%以内の範囲]
  • 原疾患:脳疾患(脳性麻痺、頭部外傷等)[増量時;20%以内の範囲、減量時;20%以内の範囲]
  • 小児では標準1日用量として25~150μgであるが、患者の本剤に対する反応には個人差があるため、症状に応じて適宜増減する
  • 用量の調整は1日に1回、次のとおりとする
    • なお、1日用量の上限は400μgとする
  • 小児:増量時;20%以内の範囲、減量時;20%以内の範囲
  • <参考>用量設定期及び維持期において使用が推奨される製剤(1日用量別)は次のとおり
  • 1).1日用量が200μg未満:使用が推奨される製剤は髄注0.05%
  • 2).1日用量が200μg以上、300μg未満:使用が推奨される製剤は髄注0.05%又は髄注0.2%
  • 3).1日用量が300μg以上、600μg以下:使用が推奨される製剤は髄注0.2%
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ギャバロン髄注0.05%の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • ポンプシステム植込み前に感染症に罹患
    • 肝障害
    • 呼吸不全
    • 消化性潰瘍
    • 腎機能低下
    • 精神障害
    • てんかん
    • てんかんの既往歴のある小児
    • 自律神経反射異常
    • てんかんの小児
    • 髄液循環異常
    • 体躯が極端に小さい

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • てんかんの小児(0歳〜14歳)
    • てんかんの既往歴のある小児(0歳〜14歳)
    • 高齢者(65歳〜)
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 低体重
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 意思表示をできない小児(0歳〜14歳)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

ギャバロン髄注0.05%の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
血圧降下剤 降圧作用を増強
中枢抑制剤 中枢神経抑制作用を増強
催眠・鎮静剤 中枢神経抑制作用を増強
抗不安薬 中枢神経抑制作用を増強
麻酔剤 中枢神経抑制作用を増強
エタノール摂取 中枢神経抑制作用を増強
オピオイド系鎮痛剤 低血圧あるいは呼吸困難等の副作用を増強
モルヒネ 低血圧あるいは呼吸困難等の副作用を増強

飲食物との組み合わせ注意

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

ギャバロン髄注0.05%と主成分が同じ薬

  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 23172.0円 (0.05%20mL1管)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 第一三共
    先発
  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 23172.0円 (0.2%5mL1管)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 第一三共
    先発
  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 1160.0円 (0.005%1mL1管)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 第一三共
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る

ギャバロン髄注0.05%に関係する解説

筋弛緩薬

  • ギャバロン髄注0.05%は、筋弛緩薬に分類される。
  • 筋弛緩薬とは、脳から筋肉への筋肉緊張の伝達を抑え筋弛緩作用をあらわし、痛みやしびれ感などを緩和する薬。

筋弛緩薬の代表的な商品名

  • ミオナール
  • テルネリン
  • リンラキサー
  • ダントリウム
筋弛緩薬についての詳しい解説を見る