処方薬
アトロピン硫酸塩注0.5mg「フソー」

アトロピン硫酸塩注0.5mg「フソー」の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

  1. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍における分泌亢進ならびに運動亢進。

  2. 胃腸痙攣性疼痛、胆管疝痛・尿管疝痛、痙攣性便秘。

  3. 迷走神経性徐脈及び迷走神経性房室伝導障害、その他の徐脈及び房室伝導障害。

  4. 有機燐系殺虫剤中毒・副交感神経興奮剤中毒。

  5. 麻酔前投薬、ECTの前投与。

用法・用量

  1. アトロピン硫酸塩水和物として、0.5mgを皮下又は筋肉内に注射する。場合により静脈内に注射することもできる。なお、年齢、症状により適宜増減する。

  2. 有機燐系殺虫剤中毒の場合には、症状により次のように用いる。

    1. 軽症:アトロピン硫酸塩水和物として0.5~1mgを皮下注射するか、又は0.5~1mgを経口投与する。
    2. 中等症:アトロピン硫酸塩水和物として、1~2mgを皮下・筋肉内又は静脈内に注射する。必要があれば、その後20~30分毎に繰り返し注射する。
    3. 重症:初回アトロピン硫酸塩水和物として、2~4mgを静脈内に注射し、その後症状に応じてアトロピン飽和の徴候が認められるまで繰り返し注射を行う。
  3. ECTの前投与の場合には、アトロピン硫酸塩水和物として、1回0.5mgを皮下、筋肉内又は静脈内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 重大な副作用

    ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、頻脈、全身潮紅、発汗、顔面浮腫等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

  2. その他の副作用:副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。

    1. :(頻度不明)散瞳、視調節障害、緑内障等。
    2. 消化器:(頻度不明)口渇、悪心・嘔吐、嚥下障害、便秘等。
    3. 泌尿器:(頻度不明)排尿障害。
    4. 精神神経系:(頻度不明)頭痛、頭重感、記銘障害等。
    5. 呼吸・循環器:(頻度不明)心悸亢進、呼吸障害等。
    6. 過敏症:(頻度不明)発疹等。
    7. その他:(頻度不明)顔面潮紅。

使用上の注意

(禁忌)

  1. 閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。

  2. 前立腺肥大による排尿障害のある患者[抗コリン作用による膀胱平滑筋の弛緩、膀胱括約筋の緊張により、排尿困難を悪化させる恐れがある]。

  3. 麻痺性イレウスの患者[抗コリン作用により消化管運動を抑制し、症状を悪化させる恐れがある]。

  4. 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。

(慎重投与)

  1. 開放隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。

  2. 前立腺肥大のある患者[抗コリン作用による膀胱平滑筋の弛緩、膀胱括約筋の緊張により、排尿困難を悪化させる恐れがある]。

  3. うっ血性心不全のある患者[抗コリン作用により、心拍数が増加し、心臓に過負荷をかけることがあるため、症状を悪化させる恐れがある]。

  4. 重篤な心疾患のある患者[心筋梗塞に併発する徐脈、心筋梗塞に併発する房室伝導障害には、アトロピンはときに過度の迷走神経遮断効果として心室頻脈、心室細動を起こすことがある]。

  5. 潰瘍性大腸炎の患者[中毒性巨大結腸が現れることがある]。

  6. 甲状腺機能亢進症の患者[抗コリン作用により、頻脈、体温上昇等の交感神経興奮様症状増強する恐れがある]。

  7. 高温環境にある患者[抗コリン作用により、発汗抑制が起こり、体温調節が困難になる恐れがある]。

(重要な基本的注意)

視調節障害、散瞳等を起こすことがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事させないなど注意する。

(相互作用)

併用注意:

  1. 抗コリン作用を有する薬剤(三環系抗うつ剤、フェノチアジン系薬剤、イソニアジド、抗ヒスタミン剤)[抗コリン作用(口渇・便秘・麻痺性イレウス・尿閉等)が増強することがあるので、併用する場合には、定期的に臨床症状を観察し、用量に注意する(相加的に作用(抗コリン作用)を増強させる)]。

  2. MAO阻害剤[本剤の作用が増強することがあるので、異常が認められた場合には、本剤を減量するなど適切な処置を行う(MAO阻害剤は抗コリン作用を増強させる)]。

  3. ジギタリス製剤(ジゴキシン等)[ジギタリス中毒(嘔気・嘔吐・眩暈・徐脈・不整脈等)が現れることがあるので、定期的にジギタリス中毒の有無、心電図検査を行い、必要に応じてジギタリス製剤の血中濃度を測定し、異常が認められた場合には、ジギタリス製剤の減量若しくは投与を中止する(ジギタリス製剤の血中濃度を上昇させる)]。

  4. プラリドキシムヨウ化メチル(PAM)[混注により本剤の薬効発現が遅延することがあるので、併用する場合には、混注を避け定期的に臨床症状を観察し、用量に注意する(プラリドキシムヨウ化メチルの局所血管収縮作用が本剤の組織移行を遅らせる)]。

(高齢者への投与)

一般に高齢者では、抗コリン作用による緑内障、記銘障害、口渇、排尿困難、便秘等が現れやすいので慎重に投与する。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊娠中の婦人には投与しないことが望ましい[胎児に頻脈等を起こすことがある]。

  2. 授乳中の婦人には投与しないことが望ましい[新生児に頻脈等を起こすことがある(また、乳汁分泌抑制されることがある)]。

(小児等への投与)

小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

(過量投与)

  1. 過量投与によるアトロピン中毒の徴候・症状:頻脈、心悸亢進、口渇、散瞳、近接視困難、嚥下困難、頭痛、熱感、排尿障害、腸蠕動減弱、不安、興奮、譫妄等を起こすことがある。

  2. 過量投与によるアトロピン中毒の処置:重度抗コリン症状には、コリンエステラーゼ阻害薬ネオスチグミンの0.5~1mgを筋注する(必要に応じて2、3時間ごとに繰り返す)。

(適用上の注意)

  1. アンプルカット時:本剤にはアンプルカット時にガラス微小片混入の少ないクリーンカットアンプル(CCアンプル)を使用してあるが、更に安全に使用するため、従来どおりエタノール綿等で清拭することが望ましい。

  2. 皮下・筋肉内注射時:皮膚壊死・筋肉壊死、筋肉障害等が現れることがあるので、皮下・筋肉内注射にあたっては、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に配慮する。

    1. 皮下・筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
    2. 皮下・筋肉内注射時、繰り返し注射する場合には、注射部位を変え、たとえば左右交互に注射するなど配慮する。なお、乳・幼・小児には皮下・筋肉内注射を連用しないことが望ましい。
    3. 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位を変えて注射する。

(保管上の注意)

遮光。