処方薬
アリセプト細粒0.5%
先発

アリセプト細粒0.5%の基本情報

アリセプト細粒0.5%の概要

商品名 アリセプト細粒0.5%
一般名 ドネペジル塩酸塩細粒
薬価・規格 231.7円 (0.5%1g)
薬の形状
内用薬 > 散剤 > 細粒
内用薬 > 散剤 > 細粒のアイコン
製造会社 エーザイ
ブランド アリセプト細粒0.5% 他
YJコード 1190012C1020
レセプト電算コード 610453016
識別コード 5mgAricept
添付文書PDFファイル

アリセプト細粒0.5%の主な効果と作用

  • 脳内の神経伝達物質アセチルコリン)を分解する酵素の働きをおさえます。
  • 物忘れがはげしくなる、同じことを繰返す、判断ができにくくなるなどの症状が進むのをおさえるお薬です。

アリセプト細粒0.5%の用途

アリセプト細粒0.5%の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、発疹、そう痒感、食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛、便秘、流涎、興奮

起こる可能性のある重大な副作用

錐体外路障害、寡動、運動失調、ジスキネジア、ジストニア、振戦、不随意運動、歩行異常、姿勢異常、言語障害、QT延長、心ブロック、洞房ブロック、房室ブロック、失神、肝機能障害、脳性発作、てんかん、痙攣、心室頻拍、torsades de pointes、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐脈、心停止、十二指腸潰瘍穿孔、肝炎、黄疸、CK上昇、横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、急性腎障害、心筋梗塞、心不全、消化性潰瘍、十二指腸潰瘍、消化管出血、胃潰瘍、脳出血、脳血管障害、悪性症候群、Syndrome malin、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、白血球増加、血清CK上昇、ミオグロビン尿、腎機能低下、呼吸困難、急性膵炎、突然死、血小板減少

上記以外の副作用

不穏、不眠、眠気、易怒性、幻覚、攻撃性、せん妄、妄想、多動、抑うつ、無感情、徘徊、頭痛、めまい、LDH上昇、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、動悸、血圧上昇、血圧低下、上室性期外収縮、心室性期外収縮、BUN上昇、尿失禁、頻尿、白血球減少、ヘマトクリット値減少、貧血、総コレステロール上昇、トリグリセライド上昇、アミラーゼ上昇、尿アミラーゼ上昇、倦怠感、むくみ、転倒、筋痛、体重減少、発汗、発熱、悪夢、心房細動、尿閉、顔面浮腫、縮瞳、嚥下障害、便失禁、リビドー亢進、多弁、躁状態、錯乱、昏迷、顔面紅潮、胸痛

アリセプト細粒0.5%の用法・用量

  • 〈アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制〉通常、成人にはドネペジル塩酸塩として1日1回3mgから開始し、1~2週間後に5mgに増量し、経口投与する
  • 高度のアルツハイマー型認知症患者には、5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する
    • なお、症状により適宜減量する
  • (参考):通常、成人には1日1回0.6gから開始し、1~2週間後に1.0gに増量し、経口投与する
  • 高度のアルツハイマー型認知症患者には、1.0gで4週間以上経過後、2.0gに増量する
    • なお、症状により適宜減量する
  • 〈レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制〉通常、成人にはドネペジル塩酸塩として1日1回3mgから開始し、1~2週間後に5mgに増量し、経口投与する
  • 5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する
    • なお、症状により5mgまで減量できる
  • (参考):通常、成人には1日1回0.6gから開始し、1~2週間後に1.0gに増量し、経口投与する
  • 1.0gで4週間以上経過後、2.0gに増量する
    • なお、症状により1.0gまで減量できる
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 3mg/日投与は有効用量ではなく、消化器系副作用の発現を抑える目的なので、原則として1~2週間を超えて使用しないこと
  • 7.2. 10mg/日に増量する場合は、消化器系副作用に注意しながら投与すること
  • 7.3. 医療従事者、家族などの管理のもとで投与すること
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

アリセプト細粒0.5%の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 気管支喘息
    • 錐体外路障害
    • 消化性潰瘍
    • 心筋梗塞
    • 心筋症
    • 心疾患
    • 低カリウム血症
    • 電解質異常
    • 洞不全症候群
    • パーキンソン症候群
    • パーキンソン病
    • 閉塞性肺疾患
    • 弁膜症
    • 房室接合部伝導障害
    • 心房内伝導障害
    • アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症以外の認知症性疾患
    • レビー小体型認知症で日常生活動作が制限される錐体外路障害
    • レビー小体型認知症で薬物治療を要する程度の錐体外路障害
    • レビー小体型認知症における行動障害
    • レビー小体型認知症における精神症状

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 小児等(0歳〜14歳)

アリセプト細粒0.5%の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
スキサメトニウム塩化物水和物 筋弛緩作用を増強
コリン作動薬 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
塩化アセチルコリン 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
塩化カルプロニウム 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
塩化ベタネコール 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
ナパジシル酸アクラトニウム 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
コリンエステラーゼ阻害剤 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
塩化アンベノニウム 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
臭化ジスチグミン 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
臭化ピリドスチグミン 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
ネオスチグミン 迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強
CYP3A酵素阻害剤 本剤の代謝を阻害し作用を増強
イトラコナゾール 本剤の代謝を阻害し作用を増強
エリスロマイシン 本剤の代謝を阻害し作用を増強
ブロモクリプチン 本剤の代謝を阻害し作用を増強
イストラデフィリン 本剤の代謝を阻害し作用を増強
キニジン硫酸塩水和物 本剤の代謝を阻害し作用を増強
カルバマゼピン 本剤の代謝を促進し作用を減弱
デキサメタゾン 本剤の代謝を促進し作用を減弱
フェニトイン 本剤の代謝を促進し作用を減弱
フェノバルビタール 本剤の代謝を促進し作用を減弱
リファンピシン類 本剤の代謝を促進し作用を減弱
中枢性抗コリン剤 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
トリヘキシフェニジル塩酸塩 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
塩酸ピロヘプチン 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
塩酸マザチコール 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
メチキセン塩酸塩 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
塩酸ビペリデン 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
抗コリン作用を有する薬剤 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
ブチルスコポラミン臭化物 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
硫酸アトロピン 互いに干渉しそれぞれの効果を減弱
非ステロイド系抗炎症剤 消化性潰瘍

アリセプト細粒0.5%と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

アリセプト細粒0.5%に関係する解説

コリンエステラーゼ阻害薬

  • アリセプト細粒0.5%は、コリンエステラーゼ阻害薬に分類される。
  • コリンエステラーゼ阻害薬とは、脳内の神経伝達物質(アセチルコリン)の量を増やしアルツハイマー型などの認知症における記憶障害(もの忘れ)、実行機能障害(問題解決能力の低下)、見当識障害(時間や場所の見当がつかない)などの症状の進行を遅らせる薬。

コリンエステラーゼ阻害薬の代表的な商品名

  • アリセプト
  • レミニール
  • イクセロン,リバスタッチ
コリンエステラーゼ阻害薬についての詳しい解説を見る