処方薬
ハロペリドール錠2mg「アメル」
後発

ハロペリドール錠2mg「アメル」の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

統合失調症、躁病。

用法・用量

ハロペリドールとして、1日0.75~2.25mgからはじめ、徐々に増量する。維持量として1日3~6mgを経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

(用法・用量に関連する使用上の注意)

本剤を増量する場合は慎重に行う[本剤の急激な増量により悪性症候群(Syndrome malin)が起こることがある]。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 重大な副作用(頻度不明)

    1. 悪性症候群(Syndrome malin):無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗等が発現し、それにひきつづき発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(本症発症時には、白血球増加や血清CK上昇(血清CPK上昇)がみられることが多く、また、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下や、筋強剛を伴う嚥下困難から嚥下性肺炎が発現することがある)、なお、高熱が持続し、意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎障害へと移行し、死亡した例が報告されている。
    2. 心室細動、心室頻拍:心室細動、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、QT延長が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う。
    3. 麻痺性イレウス:腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部膨満あるいは腹部弛緩及び腸内容物うっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺が現れた場合には、投与を中止する。なお、この悪心・嘔吐は、本剤の制吐作用により不顕性化することもあるので注意する。
    4. 遅発性ジスキネジー:長期投与により、遅発性ジスキネジー(口周部不随意運動、四肢不随意運動等を伴うことがある)が現れ、投与中止後も持続することがある(抗パーキンソン剤を投与しても、症状が軽減しない場合があるので、このような症状が現れた場合には、本剤の投与継続の必要性を、他の抗精神病薬への変更も考慮して慎重に判断する)。
    5. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH):低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム排泄量増加、高張尿、痙攣、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)が現れることがあるので、このような場合には投与を中止し、水分摂取の制限など適切な処置を行う。
    6. 無顆粒球症、白血球減少、血小板減少:無顆粒球症、白血球減少(初期症状として発熱、咽頭痛、全身倦怠等)、血小板減少(初期症状として皮下出血・粘膜下出血等)が現れることがあるので、異常が現れた場合には、血液検査を行い、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    7. 横紋筋融解症:横紋筋融解症が現れることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。また、横紋筋融解症による急性腎障害の発症に注意する。
    8. 肺塞栓症、深部静脈血栓症:抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、観察を十分に行い、息切れ、胸痛、四肢疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    9. 肝機能障害、黄疸:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ-GTP上昇、Al-P上昇、ビリルビン上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
  2. その他の副作用(頻度不明)

    1. 循環器:血圧降下、起立性低血圧、心電図異常(QT間隔延長、T波変化等)、頻脈[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量又は中止するなど適切な処置を行う]。
    2. 肝臓:肝機能異常[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。
    3. 錐体外路症状:パーキンソン症候群(振戦、筋強剛、流涎、寡動、歩行障害、仮面様顔貌、嚥下障害等)、アカシジア(静座不能)、ジスキネジー(口周部不随意運動、四肢不随意運動等の不随意運動等)、ジストニア(痙攣性斜頚、顔面攣縮・喉頭攣縮・頚部攣縮、後弓反張、眼球上転発作等)[異常が認められた場合には、必要に応じて抗パーキンソン剤投与など適切な処置を行う]。
    4. :眼調節障害、長期又は大量投与による角膜混濁・水晶体混濁、角膜色素沈着等。
    5. 過敏症:発疹、蕁麻疹、そう痒感、光線過敏症[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。
    6. 血液:貧血、白血球減少。
    7. 消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、便秘、下痢、口渇。
    8. 内分泌:月経異常、体重増加、女性化乳房、乳汁分泌、高プロラクチン血症、インポテンス、持続勃起。
    9. 呼吸器:呼吸困難、喉頭攣縮[観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う]。
    10. 精神神経系:不眠、焦燥感、神経過敏、眠気、眩暈、頭痛・頭重、不安、幻覚、興奮、痙攣、性欲異常、過鎮静、抑うつ、知覚変容発作。
    11. その他:脱力感・倦怠感・疲労感、発熱、発汗、潮紅、鼻閉、浮腫、排尿困難、体温調節障害。

使用上の注意

(禁忌)

  1. 昏睡状態の患者[昏睡状態が悪化する恐れがある]。

  2. バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者[中枢神経抑制作用が増強される]。

  3. 重症心不全患者[心筋に対する障害作用や血圧降下が報告されている]。

  4. パーキンソン病又はレビー小体型認知症の患者[錐体外路症状が悪化する恐れがある]。

  5. 本剤の成分又はブチロフェノン系化合物に対し過敏症の患者。

  6. アドレナリン投与中(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)の患者。

  7. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。

(慎重投与)

  1. 肝障害のある患者[血中濃度が上昇する恐れがある]。

  2. 心・血管疾患、低血圧、又はこれらの疑いのある患者[一過性血圧降下が現れることがある]。

  3. QT延長を起こしやすい患者(QT延長を起こすことが知られている薬剤投与中の患者、低カリウム血症のある患者等)[QT延長が発現する恐れがある]。

  4. てんかん等の痙攣性疾患、又はこれらの既往歴のある患者[痙攣閾値を低下させることがある]。

  5. 甲状腺機能亢進状態にある患者[錐体外路症状が起こりやすい]。

  6. 高齢者。

  7. 小児。

  8. 薬物過敏症の患者。

  9. 脱水を伴う身体的疲弊・栄養不良状態を伴う身体的疲弊等のある患者、脳器質的障害のある患者[悪性症候群(Syndrome malin)が起こりやすい]。

  10. 高温環境下にある患者[体温調節中枢を抑制するため、高熱反応が起こる恐れがある]。

(重要な基本的注意)

  1. 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意する。

  2. 本剤は制吐作用を有するため、他の薬剤に基づく中毒、腸閉塞、脳腫瘍等による嘔吐症状を不顕性化することがあるので、注意する。

  3. 抗精神病薬において、肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、不動状態、長期臥床、肥満、脱水状態等の危険因子を有する患者に投与する場合には注意する。

(相互作用)

本剤は、主として薬物代謝酵素CYP2D6及びCYP3A4で代謝される。

  1. 併用禁忌:アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)(ボスミン)[アドレナリンの作用を逆転させ重篤な血圧降下を起こすことがある(アドレナリンはアドレナリン作動性α、β-受容体の刺激剤であり、本剤のα-受容体遮断作用により、β-受容体刺激作用が優位となり、血圧降下作用が増強される)]。

  2. 併用注意

    1. 中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体等)[中枢神経抑制作用が増強することがあるので、減量するなど注意する(本剤及びこれらの薬剤の中枢神経抑制作用による)]。
    2. アルコール[相互に作用を増強することがある(アルコールは中枢神経抑制作用を有する)]。
    3. リチウム[心電図変化、重症の錐体外路症状、持続性のジスキネジー、突発性の悪性症候群(Syndrome malin)、非可逆性の脳障害を起こすとの報告があるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止する(機序は不明であるが、併用による抗ドパミン作用の増強等が考えられている)]。
    4. 抗コリン作用を有する薬剤(抗コリン作動性抗パーキンソン剤、フェノチアジン系化合物、三環系抗うつ剤等)[腸管麻痺等の抗コリン系の副作用が強く現れることがあり、また、精神症状が悪化したとの報告がある(併用により抗コリン作用が強く現れる)]。
    5. 抗ドパミン作用を有する薬剤(ベンザミド系薬剤(メトクロプラミド、スルピリド、チアプリド等)、ドンペリドン等)[内分泌機能異常、錐体外路症状が発現することがある(併用により抗ドパミン作用が強く現れる)]。
    6. タンドスピロン[錐体外路症状を増強する恐れがある(タンドスピロンは弱い抗ドパミン(D2)作用を有する)]。
    7. ドパミン作動薬(レボドパ製剤、ブロモクリプチン等)[これらの薬剤のドパミン作動薬としての作用が減弱することがある(ドパミン作動性神経において、作用が拮抗することによる)]。
    8. 薬物代謝酵素を誘導する薬剤(主にCYP3A4を誘導する薬剤)(カルバマゼピン、リファンピシン等)[本剤の作用が減弱することがある(薬物代謝酵素誘導作用により、本剤の血中濃度が低下する)]。
    9. CYP3A4を阻害する薬剤(イトラコナゾール等)、CYP2D6を阻害する薬剤(キニジン、プロメタジン、クロルプロマジン等)[本剤の作用が増強し副作用が発現する恐れがある(薬物代謝酵素阻害作用により、本剤の血中濃度が上昇する)]。

(高齢者への投与)

高齢者では、少量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する[錐体外路症状等の副作用が現れやすい]。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[催奇形性を疑う症例があり、動物実験で口蓋裂(マウス)、脳奇形(ハムスター)等の催奇形性及び着床数減少、胎仔吸収増加(マウス)、流産率上昇(ラット)等の胎仔毒性が報告されている。また、妊娠後期に抗精神病薬が投与されている場合、新生児に哺乳障害、傾眠、呼吸障害、振戦、筋緊張低下、易刺激性等の離脱症状や錐体外路症状が現れたとの報告がある]。

  2. 授乳中の婦人に投与する場合には、授乳を中止させる[ヒト母乳中へ移行し、哺乳中の児の血中に検出されたと報告されている]。

(小児等への投与)

小児等には慎重に投与する[小児に抗精神病薬を投与した場合、錐体外路症状、特にジスキネジーが起こりやすいとの報告がある]。

(過量投与)

  1. 過量投与時の症状:主な症状は、低血圧、過度の鎮静、重症の錐体外路症状(筋強剛、振戦、ジストニア症状)等である。また、過量投与により呼吸抑制及び低血圧を伴う昏睡状態や心電図異常(Torsades de Pointesを含む)が現れることがある。小児では過量投与により血圧上昇が現れたとの報告もある。

  2. 過量投与時の処置:特異的な解毒剤はないので、維持療法を行う。過量投与により呼吸抑制が現れた場合には、気道の確保、人工呼吸等の適切な処置を行う。過量投与により低血圧や循環虚脱が現れた場合には、輸液、血漿製剤、アルブミン製剤、ノルアドレナリン等の昇圧剤(アドレナリンは禁忌)等の投与により血圧の確保等の処置を行う。また、過量投与によるQT延長、不整脈等の心電図異常に注意する。過量投与による重症の錐体外路症状に対しては、抗パーキンソン剤を投与する。

(適用上の注意)

薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。

(その他の注意)

  1. ハロペリドール製剤による治療中、原因不明の突然死が報告されている。

  2. 雌マウスに長期間経口投与した試験において、臨床最大通常用量の10倍(1.25mg/kg/日)以上で乳腺腫瘍の発生頻度が、また、40倍(5mg/kg/日)以上で下垂体腫瘍の発生頻度が、対照群に比し高いとの報告がある。

  3. 外国で実施された認知症に関連した精神病症状(承認外効能・効果)を有する高齢患者を対象とした17の臨床試験において、非定型抗精神病薬投与群はプラセボ投与群と比較して死亡率が1.6~1.7倍高かったとの報告があり、また、外国での疫学調査において、定型抗精神病薬も非定型抗精神病薬と同様に死亡率上昇に関与するとの報告がある。

(保管上の注意)

遮光した気密容器。