処方薬
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」
後発

炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

躁病及び躁うつ病の躁状態。

用法・用量

炭酸リチウムとして、1日400~600mgより開始し、1日2~3回に分割経口投与する。以後3日ないし1週間毎に、1日1200mgまでの治療量に漸増する。

改善がみられたならば症状を観察しながら、維持量1日200~800mgの1~3回分割経口投与に漸減する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

(用法及び用量に関連する使用上の注意)

過量投与による中毒を起こすことがあるので、投与初期又は用量を増量したときには維持量が決まるまでは1週間に1回をめどに、維持量の投与中には2~3カ月に1回をめどに、血清リチウム濃度の測定結果に基づき※トラフ値を評価しながら使用する。なお、血清リチウム濃度を上昇させる要因が認められる(食事摂取量不足及び水分摂取量不足、脱水を起こしやすい状態、非ステロイド性消炎鎮痛剤の併用等のリチウムの血中濃度上昇を起こす可能性がある薬剤の併用等)や中毒の初期症状が認められる場合には、血清リチウム濃度を測定する。

  1. 血清リチウム濃度が1.5mEq/Lを超えたときは臨床症状の観察を十分に行い、必要に応じて減量又は休薬等の処置を行う。

  2. 血清リチウム濃度が2.0mEq/Lを超えたときは過量投与による中毒を起こすことがあるので、減量又は休薬する。

    ※トラフ値:薬物を反復投与したときの定常状態における最低血中薬物濃度のこと。血中濃度の経時的推移の中で、変動の小さい時点であり、血中濃度のモニタリングに適している。一般的に反復投与時の次回投与直前値となる。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 重大な副作用

    1. リチウム中毒(頻度不明):リチウム中毒の初期症状として食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢等の消化器症状、振戦、傾眠、錯乱等の中枢神経症状、運動障害、運動失調等の運動機能症状、発熱、発汗等の全身症状を示すことがあるので、このような症状が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う。なお、中毒が進行すると、急性腎障害により電解質異常が発現し、全身痙攣、ミオクローヌス等がみられることがある。

      処置方法:リチウム中毒が発現した場合、特異的な解毒剤は見い出されていないので、投与を中止し、感染症の予防、心・呼吸機能の維持とともに補液、利尿剤(マンニトール、アミノフィリン水和物等)等により本剤の排泄促進、電解質平衡の回復を図る(利尿剤に反応しない場合や腎障害が認められる場合は、血液透析を施行する)、血液透析を施行する場合は、施行後に低下した血清リチウム濃度が再上昇することがあるので、施行後血清リチウム濃度測定を行い血液透析施行後血清リチウム濃度の再上昇がみられた場合には、再度の血液透析等の適切な処置を行う。

    2. 悪性症候群(Syndrome malin)(頻度不明):向精神薬(抗精神病薬等)との併用により、悪性症候群が現れることがあるので、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗等が発現し、それに引き続き発熱がみられる場合は、投与を中止し、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う(悪性症候群においては、筋肉障害[CK上昇(CPK上昇)]や横紋筋融解症が起こることがあり、この際、急性腎障害に至る場合もあり、十分な観察を行う)。

    3. 洞不全症候群、高度徐脈(頻度不明):洞不全症候群、高度徐脈が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。

    4. 腎性尿崩症(頻度不明):腎性尿崩症が現れることがあるので、多飲、多尿等の症状が発現した場合には、電解質濃度の測定等の観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。

    5. 急性腎障害、間質性腎炎、ネフローゼ症候群(頻度不明):急性腎障害、間質性腎炎、ネフローゼ症候群が現れることがあるので、腎機能検査(血中クレアチニン、血中尿素窒素、尿蛋白等の測定)を行うなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。

    6. 甲状腺機能低下症、甲状腺炎(頻度不明):甲状腺機能低下症、甲状腺炎が現れることがあるので、甲状腺機能検査(血中TSH、血中遊離T3、血中遊離T4等の測定)を行うなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど、適切な処置を行う。

    7. 副甲状腺機能亢進症(頻度不明):副甲状腺機能亢進症が現れることがあるので、血清カルシウムの測定を行うなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど、適切な処置を行う。

    8. 認知症様症状、意識障害(頻度不明):可逆性の認知症様症状、昏睡に至るような意識障害(脳波所見上、周期性同期性放電(PSD)等を伴うことがある)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。

  2. その他の副作用:次記のような副作用が現れた場合には、症状に応じて減量又は休薬等適切な処置を行う。

    1. 精神神経系:(頻度不明)眩暈、眠気、言語障害、頭痛、発熱、不眠、脳波異常(基礎波の徐波化等)、知覚異常、記憶障害、焦燥感、失禁、悪寒、耳鳴、一過性暗点、ブラックアウト発作、情動不安、譫妄。
    2. 消化器:(頻度不明)口渇、嘔気・嘔吐、下痢、食欲不振、胃部不快感、腹痛、便秘、唾液分泌過多、胃腸障害。
    3. 循環器:(頻度不明)心電図異常、血圧低下、頻脈、不整脈、末梢循環障害。
    4. 血液:(頻度不明)白血球増多。
    5. 泌尿器:(頻度不明)多尿、排尿困難、*乏尿[*:現れた場合には投与を中止する]、頻尿、腎機能異常、蛋白尿。
    6. 内分泌系:(頻度不明)甲状腺機能異常(血中TSH上昇・血中TSH低下、血中遊離T3上昇・血中遊離T3低下、血中遊離T4上昇・血中遊離T4低下、甲状腺131-I摂取率増加及びTRH負荷後のTSH分泌反応増大)、非中毒性甲状腺腫、粘液水腫、*甲状腺中毒症[*:急激な投与中止により甲状腺中毒症状が増悪することがある]。
    7. 中枢神経系:(頻度不明)振戦、運動障害、緊張亢進・緊張低下、腱反射亢進、筋攣縮、運動過少、舞踏病様アテトーシス、頭蓋内圧亢進。
    8. 皮膚:(頻度不明)皮疹、皮膚そう痒感、毛嚢炎、下肢潰瘍、毛髪乾燥及び粗毛化、脱毛、乾癬又は乾癬悪化。
    9. 肝臓:(頻度不明)肝機能異常。
    10. その他:(頻度不明)脱力感・倦怠感、浮腫、体重増加・体重減少、性欲減退、血糖上昇、脱水、味覚異常(苦味等)。

使用上の注意

(禁忌)

  1. てんかん等の脳波異常のある患者[脳波異常を増悪させることがある]。

  2. 重篤な心疾患のある患者[心疾患を増悪し、重篤な心機能障害を引き起こす恐れがある]。

  3. リチウムの体内貯留を起こしやすい状態にある患者[リチウムの毒性を増強する恐れがある]:1)腎障害のある患者、2)衰弱又は脱水状態にある患者、3)発熱、発汗又は下痢を伴う疾患のある患者、4)食塩制限患者。

  4. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。

(慎重投与)

  1. 脳器質的障害のある患者[神経毒性が現れる恐れがある]。

  2. 心疾患の既往歴のある患者[心機能障害を引き起こす恐れがある]。

  3. リチウムの体内貯留を起こす恐れのある患者[リチウム中毒を起こす恐れがある]:1)腎障害の既往歴のある患者、2)食事摂取量不足及び水分摂取量不足の患者、3)高齢者。

  4. 肝障害のある患者[肝障害を増悪させる恐れがある]。

  5. 甲状腺機能亢進症又は甲状腺機能低下症の患者[甲状腺機能低下を起こす恐れがあるため、甲状腺機能亢進症の診断を誤らせる可能性があり、また、甲状腺機能低下症を増悪させる恐れがある]。

  6. リチウムに異常な感受性を示す患者[血清リチウム濃度が1.5mEq/L以下でも中毒症状が現れることがある]。

(重要な基本的注意)

  1. 眩暈、眠気等が現れることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械類の操作に従事させないよう注意する。

  2. 改善がみられたならば、症状を観察しながら維持量に漸減する(躁症状の発現時には本剤に対する耐容性が高く、躁症状が治まると耐容性が低下する)。

  3. 他の向精神薬(フェノチアジン系薬剤、ブチロフェノン系薬剤等)との併用中に中毒を発現すると非可逆性の小脳症状又は錐体外路症状を起こすことがあるので、これらの薬剤を併用する場合には、観察を十分に行い慎重に投与する。

  4. 本剤でBrugada症候群に特徴的な心電図変化が顕在化(右側胸部誘導(V1~V3)coved型ST上昇が顕在化)したとの報告があり、なお、それに伴う心室細動、心室頻拍、心室性期外収縮等が発現することがあるので、Brugada型心電図が疑われた患者に投与する際は、循環器を専門とする医師に相談するなど、慎重に投与の可否を検討する。

  5. 患者及びその家族に、本剤投与中に食事及び水分摂取量不足、脱水を起こしやすい状態、非ステロイド性消炎鎮痛剤等を併用する場合等ではリチウム中毒が発現する可能性があることを十分に説明し、中毒の初期症状が現れた場合には医師の診察を受けるよう、指導する。

(相互作用)

併用注意:

  1. 利尿剤(チアジド系利尿剤、ループ利尿剤等)[リチウム血中濃度が上昇しリチウム中毒を呈することがある(近位尿細管におけるナトリウムの再吸収が増加し、その結果、リチウムの再吸収が増加すると考えられている)]。

  2. カルバマゼピン[精神神経系症状(錯乱・粗大振戦・失見当識等)が現れることがある(明確な機序は不明であるが、ナトリウム代謝や神経伝導速度に対する両剤の相加的作用が関連している可能性が考えられている)]。

  3. 向精神薬(ハロペリドール等)[心電図変化、重症の錐体外路症状、持続性のジスキネジー、突発性のSyndrome malin、非可逆性の脳障害を起こすとの報告がある(明確な機序は不明であるが、1)ハロペリドール及びリチウムは、アデニレートシクラーゼ活性を抑制するため、両剤による相加的阻害作用と考えられている、2)両剤の精神・神経作用の相加的効果、又は一方の薬剤の精神・神経作用が発現した可能性が考えられている)]。

  4. アンジオテンシン変換酵素阻害剤(カプトプリル等)、アンジオテンシン2受容体拮抗剤(ロサルタンカリウム等)[リチウム血中濃度が上昇しリチウム中毒を呈することがある(これらの薬剤がアルドステロン分泌を抑制し、これによりナトリウムの排泄が増加し、リチウムの再吸収が促進すると考えられている)]。

  5. 非ステロイド性消炎鎮痛剤

    1. 非ステロイド性消炎鎮痛剤(ロキソプロフェンナトリウム水和物等)[リチウム血中濃度が上昇しリチウム中毒を呈することがある(明確な機序は不明であるが、非ステロイド性消炎鎮痛剤のプロスタグランジン合成阻害作用により、ナトリウムの排泄が抑制されるとともにリチウムの腎排泄が減少し、血中濃度が上昇する)]。
    2. 非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン)[リチウム血中濃度が上昇しリチウム中毒を呈することがある(明確な機序は不明であるが、非ステロイド性消炎鎮痛剤のプロスタグランジン合成阻害作用により、ナトリウムの排泄が抑制されるとともにリチウムの腎排泄が減少し、血中濃度が上昇し、また、インドメタシンは、リチウムの再吸収を増加させると考えられる)]。
  6. 選択的セロトニン再取り込み阻害剤(フルボキサミンマレイン酸塩等)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(ミルナシプラン塩酸塩等)、ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ剤(ミルタザピン)[セロトニン症候群(錯乱、軽躁病、激越、反射亢進、ミオクローヌス、協調異常、振戦、下痢、発汗、悪寒、発熱)を起こすとの報告がある(セロトニン作用が増強する恐れがある)]。

  7. メトロニダゾール[リチウム血中濃度が上昇しリチウム中毒を呈することがある(機序不明)]。

  8. 電気痙攣療法[通電直後に数秒程度の心停止や施行後に痙攣遷延・譫妄等を起こすとの報告がある(機序不明)]。

  9. 麻酔用筋弛緩剤(スキサメトニウム塩化物水和物等)[これらの薬剤の筋弛緩作用が増強されることがある(機序不明)]。

(高齢者への投与)

患者の状態を観察しながら、慎重に投与する[一般に高齢者では腎機能等の生理機能が低下していることが多いため、血清リチウム濃度が高くなる恐れがある]。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[動物実験(ラット、マウス)で催奇形作用が、また、ヒトで心臓奇形の発現頻度の増加が報告されている]。

  2. 妊娠末期の婦人には投与しない[分娩直前に血清リチウム濃度異常上昇を起こすことがある]。

  3. 授乳中の婦人にやむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[リチウムは母乳中に移行する]。

(小児等への投与)

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。

(過量投与)

症状、処置:「副作用」の項参照。

(適用上の注意)

薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。

(取扱い上の注意)

安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年間)の結果、規格の範囲内であり、炭酸リチウム錠100mg「フジナガ」及び炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。