処方薬
ペルタゾン錠25
先発

ペルタゾン錠25の基本情報

ペルタゾン錠25の概要

商品名 ペルタゾン錠25
一般名 塩酸ペンタゾシン錠
薬価・規格 33.7円 (25mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 あすか製薬
YJコード 1149034F1034
レセプト電算コード 610412197
識別コード G154
添付文書PDFファイル

ペルタゾン錠25の主な効果と作用

  • 中枢神経に働いて、痛みをやわらげる働きがあります。
  • 激しい痛みをおさえるお薬です。

ペルタゾン錠25の用途

  • の鎮痛

ペルタゾン錠25の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

悪心、嘔吐、眩暈、ふらつき、発汗、傾眠、幻覚、頭痛、頭重、もうろう状態、酩酊感

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状、顔面蒼白、呼吸困難、チアノーゼ、血圧下降、頻脈、全身発赤、血管浮腫、蕁麻疹、呼吸抑制、薬物依存、振戦、不安、興奮、動悸、冷感、不眠、禁断症状、無顆粒球症

上記以外の副作用

冷汗、浮遊感、意識障害、熱感、顔面潮紅、血圧上昇、血圧低下、口渇、食欲不振、腹部膨満感、胃部不快感、不快感、腹痛、便秘、発疹、貧血、赤血球減少、白血球減少、肝機能異常、排尿障害、尿閉、倦怠感、発熱、悪寒、脱力感、過敏症、多形紅斑、疲労感

ペルタゾン錠25の用法・用量

  • 1回ペンタゾシンとして25~50mgを経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 必要に応じ追加投与する場合には、3~5時間の間隔をおく
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ペルタゾン錠25の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

ペルタゾン錠25の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
モルヒネ 本剤の作用が増強、本剤は高用量においてモルヒネの作用に拮抗
中枢性鎮痛剤 本剤の作用が増強
ブプレノルフィン 本剤の作用が増強
臭化水素酸エプタゾシン 本剤の作用が増強
酒石酸ブトルファノール 本剤の作用が増強
ベンゾジアゼピン系化合物 本剤の作用が増強
鎮痛薬 本剤の作用が増強
ジアゼパム 本剤の作用が増強
ニトラゼパム 本剤の作用が増強
メダゼパム 本剤の作用が増強
催眠・鎮静剤 本剤の作用が増強
バルビツール酸誘導体 本剤の作用が増強
フェノバルビタール 本剤の作用が増強
エタノール摂取 本剤の作用が増強
セロトニン神経系賦活作用を有する抗うつ剤 作用が増強され不安感・悪心・発汗・潮紅
アミトリプチリン塩酸塩 作用が増強され不安感・悪心・発汗・潮紅
サリチルアミド ペンタゾシンのCmaxが約2倍、Cmaxは過剰のペンタゾシンを併用することにより約2.5倍

飲食物との組み合わせ注意

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

ペルタゾン錠25と主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 39.0円 (25mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 第一三共
    先発
  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 35.0円 (25mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 丸石製薬
    先発
  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 33.7円 (25mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 あすか製薬
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る