ソランタール錠50mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ソランタール錠50mg
先発

ソランタール錠50mgの基本情報

ソランタール錠50mgの概要

商品名 ソランタール錠50mg
一般名 チアラミド塩酸塩錠
薬価・規格 9.8円 (50mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 LTLファーマ
ブランド ソランタール錠50mg 他
YJコード 1148001F1059
レセプト電算コード 611140237
識別コード @351
添付文書PDFファイル

ソランタール錠50mgの主な効果と作用

  • 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。
  • 痛みや炎症の原因となる物質(ヒスタミンセロトニン)の働きをおさえます。

ソランタール錠50mgの用途

ソランタール錠50mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、発疹、食欲不振、悪心、胸やけ、腹部膨満感、腹痛、浮腫、下痢、便秘、嘔吐

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、蕁麻疹、血管浮腫

上記以外の副作用

口渇、頭痛、めまい、ふらつき、不眠、眠気、倦怠感

ソランタール錠50mgの用法・用量

  • 〈各科領域の手術後並びに外傷後の鎮痛・消炎、関節炎、腰痛症、頸肩腕症候群、骨盤内炎症、軟産道損傷、乳房うっ積、帯状疱疹、多形滲出性紅斑、膀胱炎、副睾丸炎、前眼部炎症、智歯周囲炎の鎮痛・消炎及び抜歯後の鎮痛・消炎〉通常、成人にはチアラミド塩酸塩として、1回110.2mg(チアラミドとして100mg)を1日3回経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • 〈急性上気道炎の鎮痛〉通常、成人にはチアラミド塩酸塩として、1回110.2mg(チアラミドとして100mg)を頓用する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
  • ただし、原則として1日2回までとし、1日最大330.6mg(チアラミドとして300mg)を限度とする
  • (用法及び用量に関連する注意)他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ソランタール錠50mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • アスピリン喘息
    • 過敏症
    • 重篤な肝障害
    • 重篤な腎障害
    • 消化性潰瘍
    • 重篤な血液異常
    • 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作
    • 感染症
    • 痙攣発作
    • 肝障害<重篤な肝障害を除く>
    • 血液異常<重篤な血液異常を除く>
    • 腎障害<重篤な腎障害を除く>
    • 気管支喘息<アスピリン喘息又はその既往歴を除く>

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ソランタール錠50mgと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 10.2円 (100mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 LTLファーマ
    先発
  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 9.8円 (50mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 LTLファーマ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る