処方薬
ヨシピリン

ヨシピリンの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

解熱鎮痛薬の調剤に用いる。

用法・用量

解熱鎮痛薬の調剤に用いる。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  1. 重大な副作用

    1. ショック(0.1%未満):ショック症状が現れることがあるので観察を十分に行い、胸内苦悶、血圧低下、顔面蒼白、脈拍異常、呼吸困難等の症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2. 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(0.1%未満):これらの副作用が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3. 再生不良性貧血、無顆粒細胞症(0.1%未満):これらの副作用が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    4. 黄疸(0.1%未満):黄疸が現れることがあるので、このような場合には投与を中止する。
  2. その他の副作用:次の副作用が現れることがあるので、異常が認められた場合には必要に応じて中止するなど適切な処置を行う。

    1. 過敏症:(0.1~5%未満)発疹・紅斑、浮腫、小疱性角膜炎、結膜炎、そう痒等。
    2. 血液:(0.1%未満)貧血、血小板減少等。
    3. 肝臓:(0.1%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al-P上昇等。
    4. 腎臓:(0.1%未満)腎障害。
    5. 消化器:(0.1~5%未満)胃痛、食欲不振、悪心・嘔吐、下痢等。
    6. その他:(0.1~5%未満)頭痛。

使用上の注意

(禁忌)

本剤又はピラゾロン系化合物(スルピリン等)に対し、過敏症の既往歴のある患者。

(慎重投与)

  1. 本人又は両親・兄弟が他の薬物に対するアレルギー、蕁麻疹、気管支喘息、アレルギー性鼻炎又は食物アレルギー等の患者。

  2. 肝障害又は腎障害のある患者[症状が悪化する恐れがある]。

  3. 血液障害(貧血、白血球減少等)のある患者[症状が悪化する恐れがある]。

(重要な基本的注意)

  1. 過敏症状を予測するため、十分な問診を行う。

  2. 原則として長期投与を避ける。

(高齢者への投与)

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

(妊婦への投与)

  1. 動物実験で催奇作用が報告されているので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。

  2. 妊娠末期のラットに投与した実験で、弱い胎仔動脈管収縮が報告されている。

(その他の注意)

非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において一時的不妊が認められたとの報告がある。

(保管上の注意)

気密容器。