処方薬
フィコンパ錠4mg
先発

フィコンパ錠4mgの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

1.  てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)。
1.  他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法。

用法・用量

〈部分発作(二次性全般化発作を含む)に用いる場合〉

[単剤療法]

通常、成人及び4歳以上の小児にはペランパネルとして1日1回2mgの就寝前経口投与より開始し、その後2週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増する。維持用量は1日1回4~8mgとする。

なお、症状により2週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減するが、1日最高8mgまでとする。

[併用療法]

通常、成人及び12歳以上の小児にはペランパネルとして1日1回2mgの就寝前経口投与より開始し、その後1週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増する。

本剤の代謝を促進する抗てんかん薬を併用しない場合の維持用量は1日1回4~8mg、併用する場合の維持用量は1日1回8~12mgとする。

なお、症状により1週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減するが、1日最高12mgまでとする。

通常、4歳以上12歳未満の小児にはペランパネルとして1日1回2mgの就寝前経口投与より開始し、その後2週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増する。

本剤の代謝を促進する抗てんかん薬を併用しない場合の維持用量は1日1回4~8mg、併用する場合の維持用量は1日1回8~12mgとする。

なお、症状により2週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減するが、1日最高12mgまでとする。

〈参考:成人及び12歳以上の小児における部分発作(二次性全般化発作を含む)に用いる場合〉 1. 単剤療法

    ①. **投与方法**:1日1回就寝前経口投与。

    ②. **開始用量**:2mg/日。

    ③. **漸増間隔**:2週間以上。

    ④. **漸増用量**:2mg/日。

    ⑤. **維持用量**:4~8mg/日。

    ⑥. **最高用量**:8mg/日。
1.  **併用療法**:

    ①. **投与方法**:1日1回就寝前経口投与。

    ②. **開始用量**:2mg/日。

    ③. **漸増間隔**:1週間以上。

    ④. **漸増用量**:2mg/日。

    ⑤. **維持用量**:

    a. **本剤の代謝を促進する抗てんかん薬*の併用なし**:4~8mg/日。

    b. **本剤の代謝を促進する抗てんかん薬*の併用あり**:8~12mg/日。

    ⑥. **最高用量**:12mg/日。

    用量はペランパネルとしての量を示す。

    ***)本剤の代謝を促進する抗てんかん薬**:フェニトイン、カルバマゼピン。

    **〈参考**:4歳以上12歳未満の小児における部分発作(二次性全般化発作を含む)に用いる場合〉
1.  **単剤療法**:

    ①. **投与方法**:1日1回就寝前経口投与。

    ②. **開始用量**:2mg/日。

    ③. **漸増間隔**:2週間以上。

    ④. **漸増用量**:2mg/日。

    ⑤. **維持用量**:4~8mg/日。

    ⑥. **最高用量**:8mg/日。
1.  **併用療法**:

    ①. **投与方法**:1日1回就寝前経口投与。

    ②. **開始用量**:2mg/日。

    ③. **漸増間隔**:2週間以上。

    ④. **漸増用量**:2mg/日。

    ⑤. **維持用量**:

    a. **本剤の代謝を促進する抗てんかん薬*の併用なし**:4~8mg/日。

    b. **本剤の代謝を促進する抗てんかん薬*の併用あり**:8~12mg/日。

    ⑥. **最高用量**:12mg/日。

    用量はペランパネルとしての量を示す。

    ***)本剤の代謝を促進する抗てんかん薬**:フェニトイン、カルバマゼピン。

    〈強直間代発作に用いる場合〉

    [併用療法]

    通常、成人及び12歳以上の小児にはペランパネルとして1日1回2mgの就寝前経口投与より開始し、その後1週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増する。

    本剤の代謝を促進する抗てんかん薬を併用しない場合の維持用量は1日1回8mg、併用する場合の維持用量は1日1回8~12mgとする。

    なお、症状により1週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減するが、1日最高12mgまでとする。

    **〈参考**:成人及び12歳以上の小児における強直間代発作に用いる場合〉

    **併用療法**:
1.  **投与方法**:1日1回就寝前経口投与。
1.  **開始用量**:2mg/日。
1.  **漸増間隔**:1週間以上。
1.  **漸増用量**:2mg/日。
1.  **維持用量**:

    ①. **本剤の代謝を促進する抗てんかん薬*の併用なし**:8mg/日。

    ②. **本剤の代謝を促進する抗てんかん薬*の併用あり**:8~12mg/日。
1.  **最高用量**:12mg/日。

    用量はペランパネルとしての量を示す。

    ***)本剤の代謝を促進する抗てんかん薬**:フェニトイン、カルバマゼピン。

(用法及び用量に関連する注意)

    1. 本剤を強直間代発作に対して使用する場合には、他の抗てんかん薬と併用して使用すること(臨床試験において、強直間代発作に対する本剤単独投与での使用経験はない)。
    1. 本剤の代謝を促進する抗てんかん薬(カルバマゼピン、フェニトイン)との併用により本剤の血中濃度が低下することがあるので、本剤の投与中にカルバマゼピン、フェニトインを投与開始又は投与中止する際には、慎重に症状を観察し、必要に応じて1日最高用量である12mgを超えない範囲で適切に用量の変更を行うこと〔8.4、10.2、16.7.1参照〕。
    1. 軽度肝機能障害及び中等度肝機能障害のある患者に本剤を投与する場合は、ペランパネルとして1日1回2mgの就寝前経口投与より開始し、その後2週間以上の間隔をあけて2mgずつ漸増すること。また、症状により2週間以上の間隔をあけて2mg以下ずつ適宜増減するが、軽度肝機能障害のある患者については1日最高8mgまで、中等度肝機能障害のある患者については1日最高4mgまでとする〔9.3.2、16.6.2参照〕。

副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

    1. 重大な副作用
  1. 1.1. 攻撃性等の精神症状:易刺激性(6.8%)、攻撃性(3.5%)、不安(1.5%)、怒り(1.1%)、幻覚(幻視、幻聴等)(0.6%)、妄想(0.3%)、せん妄(頻度不明)等の精神症状があらわれることがある〔8.1、8.2参照〕。

    1. その他の副作用
    1. 過敏症:(1~5%未満)発疹、(1%未満)そう痒症。
    2. 精神神経系:(5%以上)浮動性めまい(35.4%)、傾眠(19.8%)、(1~5%未満)頭痛、運動失調、平衡障害、構語障害、痙攣、(1%未満)振戦、気分動揺、感覚鈍麻、嗜眠、過眠症、感情不安定、気分変化、神経過敏、健忘、記憶障害、異常行動、錯乱状態、睡眠障害、錯感覚、自殺企図、注意力障害、精神運動亢進、協調運動異常、てんかん増悪、自殺念慮、多幸気分。
    3. 消化器:(1~5%未満)悪心、嘔吐、(1%未満)腹部不快感、腹痛、下痢、口内炎、便秘、流涎過多。
    4. 肝臓:(1%未満)肝機能異常、γ-GTP増加、AST増加、ALT増加。
    5. 血液:(1%未満)貧血、低ナトリウム血症、好中球減少症。
    6. :(1~5%未満)複視、(1%未満)眼振、霧視。
    7. 筋骨格:(1%未満)筋力低下、筋肉痛、(頻度不明)関節痛。
    8. その他:(1~5%未満)疲労、体重増加、回転性めまい、歩行障害、食欲減退、食欲亢進、(1%未満)心電図QT延長、異常感、倦怠感、尿中蛋白陽性、体重減少、不規則月経、鼻出血、転倒、酩酊感、挫傷、無力症、発熱、血中クレアチンホスホキナーゼ増加、尿失禁、(頻度不明)上気道感染。

使用上の注意

(禁忌)

    1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    1. 重度肝機能障害のある患者〔9.3.1、16.6.2参照〕。

(重要な基本的注意)

    1. 易刺激性、攻撃性・敵意、不安、自殺企図等の精神症状があらわれ、自殺に至った例も報告されているので、本剤投与中及び投与終了後一定期間は患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること〔8.2、11.1.1、15.1.1参照〕。
    1. 患者及びその家族等に易刺激性、攻撃性・敵意、不安、幻覚(幻視、幻聴等)、妄想、せん妄、自殺企図等の精神症状発現の可能性について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うように指導すること〔8.1、11.1.1、15.1.1参照〕。
    1. 運動失調(ふらつき)等が高頻度で認められ、転倒等を伴うおそれがあるので、あらかじめ患者及びその家族に十分に説明し、必要に応じて医師の診察を受けるよう、指導すること。
    1. 本剤を増量した場合に易刺激性、攻撃性・敵意、不安等の精神症状、運動失調(ふらつき)等が多く認められ、特に本剤の代謝を促進する抗てんかん薬(カルバマゼピン、フェニトイン)を併用しない患者では多く認められるため、患者の状態を慎重に観察すること〔7.2、10.2、16.7.1参照〕。
    1. めまい、眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転など危険を伴う操作に従事させないよう注意すること。
    1. 連用中における投与量の急激な減量ないし投与中止により、発作頻度増加する可能性があるので、投与を中止する場合には徐々に減量することも考慮し、患者の状態を慎重に観察すること。

(特定の背景を有する患者に関する注意)

(腎機能障害患者)

  1. 2.1. 重度の腎機能障害のある患者又は透析中の末期腎障害患者:重度腎機能障害のある患者又は透析中の末期腎障害患者を対象とした臨床試験は実施していない(代謝物の排泄が遅延するおそれがある)。

(肝機能障害患者)

  1. 3.1. 重度の肝機能障害のある患者:重度肝機能障害のある患者では投与しないこと(ペランパネルの血中濃度が上昇するおそれがある)〔2.2、16.6.2参照〕。

  2. 3.2. 軽度肝機能障害及び中等度肝機能障害のある患者:本剤のクリアランスが低下し、消失半減期が延長することがある〔7.3、16.6.2参照〕。

(妊婦)

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(ラットの妊娠及び授乳期間中に投与したとき、一般状態の悪化の認められる用量(3mg/kg/日以上)で分娩異常及び哺育状態異常、死亡産仔数増加、出生率減少及び生存率減少、10mg/kg/日で出生仔体重抑制と出生仔形態分化遅延がみられ、妊娠ウサギに投与したとき、体重及び摂餌量の減少が認められる用量(10mg/kg)で、早産がみられた)。

(授乳婦)

治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(授乳ラットに投与したとき、ペランパネル又はその代謝物が乳汁中へ移行することが報告されている)。

(小児等)

  1. 7.1. 低出生体重児、新生児又は乳児を対象とした臨床試験は実施していない。

  2. 7.2. 幼児又は小児(4歳未満)を対象とした国内臨床試験は実施していない。

  3. 7.3. 4歳以上12歳未満の部分発作を有する小児を対象とした単剤療法に関する臨床試験は実施していない。

  4. 7.4. 4歳以上12歳未満の強直間代発作を有する小児を対象とした国内臨床試験は実施していない。

  5. 7.5. 臨床試験において、小児における易刺激性、攻撃性・敵意等の精神症状の発現割合が成人に比べて高くなることが示唆されているので、観察を十分に行うこと。

(高齢者)

  1. 8.1. 一般に高齢者では生理機能が低下している〔16.6.3参照〕。

  2. 8.2. 観察を十分に行うなど慎重に投与すること(臨床試験において、高齢者は非高齢者と比較して転倒のリスクが高いという結果が得られている)。

(相互作用)

本剤は主として薬物代謝酵素CYP3Aで代謝される〔16.4参照〕。

  1. 2. 併用注意
    1. カルバマゼピン、フェニトイン〔7.2、8.4、16.7.1参照〕[本剤の血中濃度が低下するので、必要に応じて本剤の用量を調節すること(相手薬剤により薬物代謝酵素CYP3Aが誘導され、本剤の代謝が促進される)]。
    2. CYP3A誘導作用を有する薬剤等(リファンピシン、フェノバルビタール、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品(St.John’s Wort)等)[本剤の血中濃度が低下する可能性がある(相手薬剤により薬物代謝酵素CYP3Aが誘導され、本剤の代謝が促進される可能性がある)]。
    3. CYP3A阻害作用を有する薬剤(イトラコナゾール等)〔16.7.2参照〕[本剤の血中濃度が上昇する可能性がある(相手薬剤により薬物代謝酵素CYP3Aが阻害され、本剤のクリアランスが低下する)]。
    4. 経口避妊薬(レボノルゲストレル)〔16.7.4参照〕[相手薬剤の血中濃度が低下し効果が減弱する可能性がある(機序は不明である)]。
    5. アルコール(飲酒)〔16.7.5参照〕[精神運動機能の低下が増強することがある(本剤及びアルコールは中枢神経抑制作用を有するため、相互に作用を増強する可能性がある)]。

(過量投与)

    1. 徴候・症状

    過量投与後にみられた主な症状は、精神状態変化、激越及び攻撃的行動であった。

    1. 処置

    過量投与の際の特異的な薬物療法はない(なお、腎透析によるクリアランスの促進は期待できない)。

(適用上の注意)

    1. 薬剤交付時の注意

    PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。

(その他の注意)

    1. 臨床使用に基づく情報
  1. 1.1. 海外で実施された複数の抗てんかん薬における、てんかん、精神疾患等を対象とした199のプラセボ対照比較試験の検討結果において、自殺念慮及び自殺企図の発現リスクが、抗てんかん薬の服用群でプラセボ群と比較して約2倍高く(抗てんかん薬服用群:0.43%、プラセボ群:0.24%)、抗てんかん薬の服用群では、プラセボ群と比べ1000人あたり1.9人多いと計算された(95%信頼区間:0.6-3.9)。また、てんかん患者のサブグループでは、プラセボ群と比べ1000人あたり2.4人多いと計算されている〔8.1、8.2参照〕。

  2. 1.2. 薬物乱用経験のある外国人健康成人にペランパネル8~36mgを単回経口投与したとき、薬剤嗜好性、薬剤購入希望、多幸気分及び鎮静スコアの評価指標において、プラセボを投与したときと比較して大きな作用が認められた。ペランパネル24~36mgを投与したときに認められた作用は陽性対照(アルプラゾラム1.5~3mg、ケタミン100mg)と同程度であった。

    1. 非臨床試験に基づく情報
  3. 2.1. ラットを用いた身体依存性試験において、ペランパネル13.3~43.5mg/kg(摂餌量から換算)を混餌投与した際に、退薬症候が認められた。また、サルを用いた静脈内自己投与試験において、ペランパネル0.016~0.004mg/kgを漸減投与した際に、自己投与回数増加(強化効果)が認められた。

(保管上の注意)

室温保存。