フマキラースミチオンNP乳剤 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
フマキラースミチオンNP乳剤

フマキラースミチオンNP乳剤の基本情報

フマキラースミチオンNP乳剤の概要

商品名 フマキラースミチオンNP乳剤
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 フマキラー
販売会社名 フマキラー

フマキラースミチオンNP乳剤の効果・効能

ハエ成虫、ハエ幼虫(ウジ)、蚊成虫、蚊幼虫(ボウフラ)、ゴキブリ(油虫)、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、イエダニ、マダニの駆除。

フマキラースミチオンNP乳剤の構成成分

フェニトロチオン5.0%、フタルスリン0.5%

フマキラースミチオンNP乳剤の用法・用量

室内(床、畳の裏、畳の敷合せ目、部屋の天井、壁、押入れなど)、便所の内外、下水、ごみ捨場、その他害虫の生息又は発生しやすい場所に噴霧してください。
1.ハエ成虫・蚊成虫
希釈倍数:10倍。
噴霧量:25~50mL/m2。
2.ハエ幼虫(ウジ)
希釈倍数:200~400倍。
噴霧量:2L/m2。
3.蚊幼虫(ボウフラ)
希釈倍数:原液。
噴霧量:20mL/1tの水。
4.ゴキブリ(油虫)、マダニ、その他害虫
希釈倍数:10倍。
噴霧量:50mL/m2。

フマキラースミチオンNP乳剤の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。