プレシャワー30EX - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
プレシャワー30EX

プレシャワー30EXの基本情報

プレシャワー30EXの概要

商品名 プレシャワー30EX
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 大日本除虫菊
販売会社名 大日本除虫菊

プレシャワー30EXの効果・効能

蚊、ブユ(ブヨ)、サシバエ、ノミ、イエダニ、マダニ、アブ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ツツガムシの忌避。

プレシャワー30EXの構成成分

100mL中 ディート30g

プレシャワー30EXの用法・用量

蚊、ブユ(ブヨ)、サシバエ、ノミ、イエダニ、マダニ、アブ、トコジラミ(ナンキンムシ)の忌避:
適量を肌の露出面にまんべんなくスプレーする。
ツツガムシの忌避:
適量を肌の露出面及び履物やズボンの裾などにまんべんなくスプレーする。
顔、首筋には適量を手のひらに一度スプレーしてから塗布する。
<用法用量に関連する注意>
定められた使用方法を守ること。
漫然な使用を避け、蚊、ブユ(ブヨ)などが多い戸外での使用など、必要な場合にのみ使用すること。
本品はディート濃度が高いので、12歳未満の子供には使用しないこと。
本品の1回使用時の忌避効果の持続は、概ね5~8時間である。使用後は、経過時間や発汗などの状況に合わせて、適宜、本剤を再度使用すること。
万一、肌に異常を感じたときは、直ちに使用を中止すること。
目や口の周囲、粘膜や傷口など肌の弱い部分にかけないこと。
アルコール過敏症の方、特に肌の弱い方は使用を避けること。
プラスチック製品などにかからないようにすること。
<ツツガムシ忌避に関連する注意>
ツツガムシは見えにくいので、生息していそうな場所に立ち入る前に使用すること。濡れたり、汗をかいたときは早めに塗り直すこと。
衣類に使用する場合、繊維によっては変質する場合がある。合成繊維は変質しやすいので注意すること。
ストッキングなどにかけないこと(生地が傷むことがある)。
薬剤だけに頼らず、シャツ、ズボン、長靴などを使用し、肌を露出しないようにすること。

プレシャワー30EXの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。