サラテクトFA - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
サラテクトFA

サラテクトFAの基本情報

サラテクトFAの概要

商品名 サラテクトFA
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 アース製薬
販売会社名 アース製薬

サラテクトFAの効果・効能

蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、ノミ、イエダニ、マダニ、サシバエ、トコジラミ(ナンキンムシ)、ツツガムシの忌避。

サラテクトFAの構成成分

1缶(200mL)中 ディート7.2g(原液換算量:12%)

サラテクトFAの用法・用量

【蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、ノミ、イエダニ、マダニ、サシバエ、トコジラミ(ナンキンムシ)の忌避に使用する場合】
適量を用時、腕・足などには約15cmの距離からスプレーし、顔・首筋には適量を手のひらにスプレーして肌に塗布する。
【ツツガムシの忌避に使用する場合】
適量を4~6時間の間隔をおき、露出皮膚及び履き物やズボンの裾等に約15cmの距離からムラなくスプレーする。
顔・首筋には適量を手のひらにスプレーして肌に塗布する。
<用法・用量に関連する注意>
1.漫然とした使用を避け、蚊、ブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等、必要な場合にのみ使用すること。
2.子供(12歳未満)に使用させる場合には、保護者等の指導監督の下で、次の回数を目安に使用すること。なお、顔には使用しないこと。
6カ月未満の乳児には使用しないこと。
6カ月以上2歳未満は、1日1回。
2歳以上12歳未満は、1日1~3回。
3.目に入ったり、飲んだり、なめたり、吸い込んだりすることがないようにし、塗布した手で目をこすらないこと。万一目に入った場合には、すぐに大量の水又はぬるま湯でよく洗い流すこと。また、具合が悪くなる等の症状が現れた場合には、直ちに、本品にエタノールとディートが含まれていることを医師に告げて診療を受けること。
4.特にツツガムシの忌避を目的とした場合には、さらに次のことに注意すること。
1).ツツガムシは見えにくいので、生息していそうな場所に立ち入る前に塗布すること。また、濡れたり、汗をかいたりした場合は早めに塗り直しをすること。
2).外出するときは、薬剤だけに頼らずにシャツやズボン、長靴などを使用し、肌を露出しないようにすること。

サラテクトFAの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。