ホンノー錠

ホンノー錠の基本情報

ホンノー錠の概要

商品名 ホンノー錠
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 ホンノー薬品
販売会社名 日邦薬品工業

ホンノー錠の特徴

 ホンノー錠は、9種の和漢薬を服用しやすいように錠剤にしたもので、打撲・骨折・捻挫により生じた内出血及び炎症を消散します。
 負傷後、ホンノー錠を服用すると内出血及び諸症状(熱、はれ、痛み、黒いあざ等)を改善します。

ホンノー錠の効果・効能

打撲・骨折・捻挫による内出血及び炎症を消散する。

ホンノー錠の構成成分

1日量(8.0g)中 (局)オウバク末0.3g、(局)ブクリョウ末0.8g、(局)ソウジュツ末0.9g、(局)カンゾウ末0.8g、(局)シュクシャ末0.8g、(局)シャクヤク末0.8g、(局)ダイオウ末0.7g、(局)トウキ末0.9g、(局)センキュウ末1.0g

ホンノー錠の用法・用量

大人1日3回、毎食間、水又は白湯にて服用。
大人(15歳以上):1回10錠。
7歳以上15歳未満:1回5錠。
5歳以上7歳未満:1回3錠。
1日3回服用。
5歳未満の乳幼児:服用しないこと。
食間とは食後2~3時間のことをいいます。
<用法・用量に関する注意>
1.定められた用法、用量を厳守すること。
2.本剤がのどにつかえることのないよう、よく注意すること。
3.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

ホンノー錠の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の医薬品を服用している人。
   瀉下薬(下剤)
2.服用後、次の症状の持続又は増強がみられた場合は、服用を中止し、この文書を
  持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
      〔関係部位〕  : 〔症  状〕
       皮   ふ  :  発疹・発赤、かゆみ
       消 化 器  :  はげしい腹痛、下痢
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ホンノー錠の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。