降圧丸

降圧丸の基本情報

降圧丸の概要

商品名 降圧丸
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 八ツ目製薬
販売会社名 八ツ目製薬

降圧丸の特徴

本剤は、動物性生薬の羚羊角(サイガカモシカの角)のほか、有効成分として10種類
の生薬を配合し、高血圧に伴う頭痛・どうき・手足のしびれ・肩のこり・のぼせ・めまい・
いらいらに効果があります。

降圧丸の効果・効能

高血圧に伴う頭痛・どうき・手足のしびれ・肩のこり・のぼせ・めまい・いらいら。

降圧丸の構成成分

大人(15歳以上)1日の服用量20丸中 レイヨウカク0.03g、トウキ0.30g、オウレン0.40g、テンマ0.20g、ジオウ0.15g、ダイオウ0.15g、コハク0.15g、ジンコウ0.40g、センキュウ0.20g、アキョウ0.33g、カンゾウエキス0.33g <成分に関連する注意> 本剤は天然物(生薬)を用いていますので、丸薬の色や味が多少異なることがあります。

降圧丸の用法・用量

次の量を1日2回朝と晩に水又は白湯で服用してください。
大人(15歳以上):1回10丸。
1日2回服用。
15歳未満:服用しないこと。

降圧丸の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
  (1)医師の治療を受けている人
  (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
  (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
  (4)胃腸が弱く下痢しやすい人
  (5)体が冷える傾向の人
 ※(6)高齢者
  (7)本人又は家族がアレルギー体質の人
  (8)薬によりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
 ※(9)次の症状のある人
     むくみ、下痢、高熱
 ※(10)次の診断を受けた人
      高血圧、心臓病、腎臓病
  (11)次の医薬品を服用している人
    瀉下薬(下剤)
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を
中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

[関係部位:症状]
  消化器:食欲不振、胃部不快感、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
  皮膚 :発疹発赤、かゆみ
  その他:ぜんそく

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の
診療を受けて下さい。
[症状の名称]偽アルドステロン症、ミオパチー
[症   状]手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、
       徐々に強くなる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が
  見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に
  相談して下さい。
   軟便、下痢

4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

5.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

降圧丸の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。