中薬杞菊地黄丸 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
中薬杞菊地黄丸

中薬杞菊地黄丸の基本情報

中薬杞菊地黄丸の概要

商品名 中薬杞菊地黄丸
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 松浦薬業
販売会社名 薬日本堂

中薬杞菊地黄丸の効果・効能

体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、尿量減少又は多尿で、ときに手足のほてりや口渇があるものの次の諸症:かすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿むくみ、視力低下。

中薬杞菊地黄丸の構成成分

24丸中 クコシ(枸杞子)300mg、キクカ(菊花)300mg、ジオウ(地黄)1200mg、サンシュユ(山茱萸)600mg、サンヤク(山薬)600mg、ブクリョウ(茯苓)450mg、ボタンピ(牡丹皮)450mg、タクシャ(沢瀉)450mg

中薬杞菊地黄丸の用法・用量

次の量を食前又は食間に服用してください。
(食間とは、食後2~3時間を指します。)
大人(15歳以上):1回8丸。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
用法・用量を厳守してください。

中薬杞菊地黄丸の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。