再春痛散湯エキス顆粒 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
再春痛散湯エキス顆粒

再春痛散湯エキス顆粒の基本情報

再春痛散湯エキス顆粒の概要

商品名 再春痛散湯エキス顆粒
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 再春館製薬所
販売会社名 再春館製薬所

再春痛散湯エキス顆粒の効果・効能

発熱して、諸関節が腫れて痛むものや各処の筋肉が腫れて痛むものの次の諸症:神経痛、リウマチ、肩痛、筋肉痛、関節炎。

再春痛散湯エキス顆粒の構成成分

大人1日量3包(4.5g)中 水製乾燥エキス0.5g〔マオウ0.7g、キョウニン0.5g、ヨクイニン1.3g、カンゾウ0.5g、ボウイ2.0g、動物胆0.1g より製したエキス〕、マオウ0.6g、カンゾウ末0.4g、ヨクイニン末1.4g、ボウイ末1.6g <成分及び分量に関連する注意> 本剤は生薬(薬用の草根木皮)から有効成分を抽出した製剤ですので、製品により顆粒剤の色、風味が異なることがございますが、品質には変わりありません。

再春痛散湯エキス顆粒の用法・用量

次の量を1日3回随時服用してください。
大人(17歳以上):1回1包(1.5g)。
17歳未満7歳まで:1回大人の1/2量。
7歳未満4歳まで:1回大人の1/3量。
4歳未満:服用しないでください。
<用法及び用量に関連する注意>
1.定められた用法及び用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

再春痛散湯エキス顆粒の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。