錠剤当帰四逆加呉生姜湯 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
錠剤当帰四逆加呉生姜湯

錠剤当帰四逆加呉生姜湯の基本情報

錠剤当帰四逆加呉生姜湯の概要

商品名 錠剤当帰四逆加呉生姜湯
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 一元製薬
販売会社名 一元製薬

錠剤当帰四逆加呉生姜湯の効果・効能

体力中等度以下で、手足の冷えを感じ、下肢の冷えが強く、下肢が痛くなりやすい又は下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症:冷え症、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛、下痢、月経痛。

錠剤当帰四逆加呉生姜湯の構成成分

100錠中 (局)トウキ末3.0g、(局)ケイヒ末3.0g、(局)シャクヤク末3.0g、(局)カンゾウ末1.9g、(局)ショウキョウ末4.1g、モクツウ末3.0g、サイシン末1.9g、タイソウ末5.2g、ゴシュユ末1.9g、〔(局)トウキ3.3g、(局)ケイヒ3.3g、(局)シャクヤク3.3g、(局)モクツウ3.3g、(局)サイシン2.3g、(局)カンゾウ2.3g、(局)タイソウ5.5g、(局)ゴシュユ2.3g、(局)ショウキョウ4.4g〕水性エキス(当帰四逆加呉生姜湯)3.0g

錠剤当帰四逆加呉生姜湯の用法・用量

食前1時間に服用する。
大人:1回6~8錠。
1日3回服用。

錠剤当帰四逆加呉生姜湯の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。