ウチダの大黄牡丹皮湯 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
ウチダの大黄牡丹皮湯

ウチダの大黄牡丹皮湯の基本情報

ウチダの大黄牡丹皮湯の概要

商品名 ウチダの大黄牡丹皮湯
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 ウチダ和漢薬
販売会社名 ウチダ和漢薬

ウチダの大黄牡丹皮湯の効果・効能

下腹部に化性の腫瘍又は下腹部に凝結を認め、圧痛があり、便秘の傾向あるもので、発熱、自汗、悪寒などを伴うもの:痔疾、肛門周囲炎、月経不順及びこれに伴う障害。

ウチダの大黄牡丹皮湯の構成成分

1袋中 ダイオウ2.0g、ボタンピ4.0g、トウニン4.0g、硫酸ナトリウム4.0g、カシ6.0g

ウチダの大黄牡丹皮湯の用法・用量

大人(15歳以上):1日1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え、あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ、袋をとり出し、2~3回に分けて食前1時間又は食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと。

ウチダの大黄牡丹皮湯の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。