小太郎漢方せき止め錠 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
小太郎漢方せき止め錠

小太郎漢方せき止め錠の基本情報

小太郎漢方せき止め錠の概要

商品名 小太郎漢方せき止め錠
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 小太郎漢方製薬
販売会社名 小太郎漢方製薬

小太郎漢方せき止め錠の特徴

 せきは、気道から異物をとりのぞくための防御反応の1つでありますが、それが長く続いたりすると、体力を消耗したり、眠れなくなったりするなど日常生活の上で大変つらいものです。
 小太郎漢方せき止め錠は、せきやぜんそくによる喘鳴(ゼイゼイ)に用いられる漢方薬です。

小太郎漢方せき止め錠の効果・効能

せき、気管支ぜんそく、小児ぜんそく。

小太郎漢方せき止め錠の構成成分

12錠中 〔マオウ2.00g、シャクヤク1.50g、ショウキョウ0.75g、カンゾウ1.50g、ケイヒ1.50g、サイシン1.50g、ゴミシ0.75g、ハンゲ3.00g、キョウニン2.00g、セッコウ5.00g〕より抽出した水製エキス2.6g

小太郎漢方せき止め錠の用法・用量

食前又は食間に服用してください。
食間とは、食後2~3時間を指します。
大人(15歳以上):1回4錠。
15歳未満7歳以上:1回3錠。
7歳未満5歳以上:1回2錠。
1日3回服用。
5歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

小太郎漢方せき止め錠の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
 (4)胃腸の弱い人。
 (5)発汗傾向の著しい人。
 (6)高齢者。
 (7)今までに薬などにより発疹発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
 (8)次の症状のある人。
     むくみ、排尿困難
 (9)次の診断を受けた人。
     高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、
この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

〔関係部位〕  〔症状〕
 皮膚      発疹、発赤、かゆみ
 消化器     吐き気、食欲不振、胃部不快感

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

〔症状の名称〕偽アルドステロン症、ミオパチー
〔症   状〕手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があわられ、
徐々に強くなる。

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、
この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

小太郎漢方せき止め錠の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。