ロイマン湯

ロイマン湯の基本情報

ロイマン湯の概要

商品名 ロイマン湯
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 国産薬品工業
販売会社名 湧永製薬

ロイマン湯の特徴

 関節炎、神経痛、腰痛などは、寒冷や湿度の変化に過敏に反応して痛みが強まるなど人知れぬ苦痛を伴うものです。 
 ロイマン湯は、7種類の生薬を配合した製剤で、関節炎、神経痛、腰痛、筋肉痛などの痛みをやわらげます。服用しやすいティーパックにした製品です。 

ロイマン湯の効果・効能

関節炎、神経痛、腰痛、関節リウマチ、筋肉痛。

ロイマン湯の構成成分

3包中 ケイヒ末1000mg、カンゾウ末600mg、ビャクジュツ末1300mg、シャクヤク末1000mg、ショウキョウ末330mg、加工ブシ末600mg、水製エキス4140mg〔ケイヒ2000mg、カンゾウ1400mg、シャクヤク2000mg、ショウキョウ670mg、タイソウ3000mg、ビャクジュツ2700mg〕

ロイマン湯の用法・用量

毎食前、1包に熱湯約180mL(コップ1杯)を加え、10分間振り出した後、服用してください。
大人(15歳以上):1回1包。
1日3回服用。
15歳未満:服用させないでください。

ロイマン湯の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
 (4)高齢者。
 (5)今までに薬により発疹発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
 (6)次の症状のある人。     むくみ 
 (7)次の診断を受けた人。    高血圧、心臓病、腎臓病 
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 
[関係部位]皮膚
[症  状]発疹・発赤、かゆみ

[関係部位]その他
[症  状]動悸、のぼせ、ほてり、口唇・舌のしびれ

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 
[症状の名称]偽アルドステロン症、ミオパチー
[症   状]手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。 

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ロイマン湯の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。