松鶴照雲

松鶴照雲の基本情報

松鶴照雲の概要

商品名 松鶴照雲
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 建林松鶴堂
販売会社名 建林松鶴堂

松鶴照雲の効果・効能

体力中等度以上で、皮膚の色が浅黒く、ときに手足の裏に脂汗をかきやすく腹壁が緊張しているものの次の諸症:蓄膿症副鼻腔炎)、慢性鼻炎慢性扁桃炎にきび

松鶴照雲の構成成分

3包(6.6g)中 次記生薬より製した水製エキス(乾燥エキスとして)1.60g〔トウキ0.75g、ジオウ0.75g、オウバク0.75g、ケイガイ0.75g、キジツ0.75g、キキョウ0.75g、シャクヤク0.75g、オウレン0.75g、サンシシ0.75g、ボウフウ0.75g、カンゾウ0.50g、サイコ0.75g、センキュウ0.75g、オウゴン0.75g、レンギョウ0.75g、ハッカ0.75g、ビャクシ0.75g〕 <成分・分量に関連する注意> 本剤は、生薬を原料として製造しておりますので、製品の色や味等に多少の差異が生ずることがありますが、品質には変わりありません。

松鶴照雲の用法・用量

食間に水又はお湯にて服用。
成人:1回1包(2.2g)。
7歳以上15歳未満:1回成人の2/3量。
4歳以上7歳未満:1回成人の1/2量。
2歳以上4歳未満:1回成人の1/3量。
2歳未満:1回成人の1/4量以下。
1日3回服用。
食間とは、食後2~3時間を指します。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
2.1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させること。

松鶴照雲の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
〔関係部位〕   〔症  状〕
 皮   膚 : 発疹発赤、かゆみ
 消 化 器 : 食欲不振、胃部不快感
 まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
 その場合は直ちに医師の診療を受けること。
〔症状の名称〕 間質性肺炎
〔症   状〕 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。

〔症状の名称〕 肝機能障害
〔症   状〕 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 

〔症状の名称〕 腸間膜静脈硬化症
〔症   状〕 長期服用により、腹痛、下痢、便秘腹部膨満等が繰り返しあらわれる。

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

松鶴照雲の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。